腰椎分離症の治療法

腰椎分離症の治療法

腰椎分離症の治療法は、ほとんどの患者の場合まずは保存療法から始めます。

腰椎分離症は、腰椎前弯(脊柱の二次弯曲で腰部の前弯のことをいう)に症状が出ることがほとんどです。
姿勢や生活習慣見直しをし、背筋や腹筋を鍛えて筋肉が自前のコルセットとなるようにします。

スポーツ選手などが分離症になっても痛みを感じることが無いのは、日頃から筋肉を鍛えており、腰椎に関連する靭帯や筋肉がしっかりと腰椎をガードする役目を果たしているからといわれています。

保存療法は、痛みを緩和する為に鎮痛剤や湿布薬を用いる薬物療法、腰椎用のコルセットを装着する装具療法、ホットパックなどで患部を温める温熱療法を主とした理学療法などがあります。

特に痛みが強い急性期においては、コルセットを装着してできる限り安静にしておきます。
その間、筋肉の痛みを抑えるために消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を、また、神経の修復を助けるための神経賦活薬や末梢循環改善薬なども用います。

また、温熱療法では、温めることにより血液循環を高め、疼痛を改善します。
しかし、温熱療法は急性期の痛みに対しては逆効果となるため、痛みが緩和されてから行います。

以上のような保存療法で経過を見ても、強い痛みがおさまらない場合には、患部神経に直接麻酔薬を注射するブロック療法が用いられます。

それでも症状に改善が無い場合には手術が行われますが、ごく稀です。
手術をしたとしても、痛みやしびれを完全に取り除くことは難しく、再発することが多いといわれています。

腰椎分離症を改善するには、運動療法によるトレーニングが一般的で且つ効果的といわれます。
腰椎分離症の悪化を防ぐためには、腰椎周りを囲んでいる背筋や腹筋を増強し、筋肉自体がコルセットの役目を果たすようにする事が求められます。

多くのスポーツ選手が画像診断では腰椎分離がありながらも、痛みを経験していないのは、靭帯や筋肉がしっかりとコルセットの役目を果たしているからなのです。

腰椎分離症も、他の疾患と同様に早期発見が最も早い治療方法と言われます。
治療が遅れると分離すべり症に発展する事もありますので、早めの対処が大切になってきます。