腰椎分離すべり症とは

腰椎分離すべり症とは

腰椎分離症と同じように名前をよく耳にするのが「腰椎分離すべり症」です。
この腰椎分離すべり症は、その名の通り”腰椎のすべり”で、腰椎の一部である椎弓部分が分離(疲労骨折であることが多い)を起こし、その腰の骨が前方へすべる症状をいいます。

脊椎の椎骨と椎骨の間には椎間板が存在しており、積み木のように連なっています。
脊椎のうちで腰の部分の腰椎は、前に傾いた仙骨の上に乗っていて、腰椎は前方に滑らないように関節でしっかり支えられています。

しかし、腰椎が分離することで安定を失い、腰椎がすべってしまうことがあるのです。これが、腰椎分離すべり症です。

腰椎分離すべり症になると、人間に生来備わっている腰部の緩やかなS字カーブが失われてバランスが悪くなります。
そうなると、脊椎にかかる負荷が異常になり、いたるところに悪影響が出てきます。

すべった上下の関節部分も異常な動きになり、椎間板にも悪影響を及ぼし二次的にヘルニアや他の症状を生じる可能性もあります。

腰椎分離すべり症は、レントゲン検査で診断が可能です。
腰椎分離すべり症の多くはなるべく手術することなく、コルセットの装着、痛み止めなどの薬の服用、筋力の強化などの保存療法で治療を進めていきます。

しかし、ひどい腰椎すべり症が見られる場合には、手術が検討される場合もありますが、その場合には手術後の状態も含めて担当医からしっかり説明を受けなければなりません。

また、分離を伴わないが加齢による骨の変性(骨粗しょう症)などが原因で起こるすべり症もあり、「腰椎変性すべり症」といわれ、高齢の特に女性に多くみられます。