腰椎分離症の治療と手術について

腰椎分離症の治療と手術について

腰椎分離症は、スポーツ活動をしている児童・学生に多くみられることが多く、腰椎骨後方の椎弓という部位での疲労骨折が原因として痛みが生じるものです。

しかし、椎弓部に分離が見られても、痛みをまったく感じない場合もあることから、分離症の診断には、分離の画像判断はもとより、臨床症状、分離部ブロックの効果などを総合的にみて判断することになります。

腰椎分離症と診断された場合は、他の腰痛症と同じように、通常は保存療法で治療が行なわれます。
取り分け年齢が15歳以下の患者においては、分離部の骨癒合が期待できることから、スポーツなど激しく体を動かすことは制限し、コルセットを装着して安静にします。

腰椎分離症は若年層の場合、数カ月で骨癒合することが殆どであり、痛みが引いて症状が落ち着くと、比較的早期にスポーツ復帰できるケースがあります。

腰椎分離症は通常症状がさほど重症化しないのですが、極めてまれに十分な保存療法にもかかわらず痛みが軽減されず、日常生活に支障をきたすという場合があります。
そのような場合には手術治療を要することもあります。

しかし、この場合は分離症によって強度のすべりが生じているか、又は脊柱管狭窄症を併発している場合で、前述のようにごく稀であると考えて良いでしょう。

手術の場合、分離症が主原因で症状を発症している場合には、ワイヤーやスクリューなどを使って分離部を接合する「分離部修復術」とよばれる手術が行なわれます。

「分離部修復術」にはワイヤーの損傷や、スクリューで更なる椎弓部の骨折を生じるなどの問題があるのですが、「Segmental hook screw fixation」は、分離した椎弓を直接強固に固定でき、固定力の作用方向が分離椎弓に沿っていて合理的なことなどから、これらの問題を生じることが少なく、背筋力の強い青年期以降の患者には優れた修復術といえるでしょう。