腰椎分離症とリハビリ

腰椎分離症とリハビリ

腰椎分離症での分離とは、現在では実際は一種の疲労骨折であると考えられています。

成長期にある子供が激しいスポーツを繰り返すことで、腰椎に負荷がかかり続けるため、脆弱な椎弓部分に亀裂を生じるものです。
最も重圧のかかる第五腰椎部分に多く見られます。

この少年期の腰椎分離症は早期に発見し、安静を維持してコルセットなどの装具で固定する事で骨が癒合する場合が殆どです。(中学生以下の場合)

分離した腰椎が癒合しないままだと、成人してからその不安定さから腰椎すべり症を引き起こしてしまう事があります。

腰椎分離症の場合、腰椎が分離しても実際には痛みを感じない事や、痛み自体が激しくない為に、そのまま激しい運動を続けてしまう人が多くいます。

成長期のお子さんが部活等でハードな運動を続けている場合、僅かでも腰痛を訴えることがあれば、医師の診断を仰いだ方が良いでしょう。

しかし腰椎分離症は若者だけに起こるものではなく、大人になってからも腰椎分離症になる可能性はあります。
高校生以上になると骨癒合する可能性は低く、悪化しない為の治療が必要となります。

骨癒合が期待できない成人の方の場合、腰椎分離症の治療・リハビリにはストレッチがよく採用されます。

分離症で痛みがある場合、スポーツをしている方は、早く復帰したいという気持ちから、痛みが残っている状態でストレッチを開始しようとする方がいますが、これは間違っています。
ストレッチによるリハビリは、通常痛みが十分引いてから始めなければならず、決して焦ってはいけないのです。

ストレッチの方法も、自己流は危険ですから、医師、理学療法士など専門家の指導のもと取り組むようにします。

併せて、分離症のリハビリでは筋力の強化も重要となります。
腰椎にかかる負荷を軽減する為に、腹筋や背筋の筋力強化を正しく行うことで、分離症の悪化を防ぎ、スポーツへの復帰も近づいていきます。

どの段階でスポーツを再開して良いかについて、指導者によって意見が異なりますが、基本は絶対に無理をしないということで、焦りは禁物です。