腰椎すべり症の種類

腰椎すべり症の種類

腰椎すべり症とは、腰椎が少しずつ徐々に前のほうへとずれてしまう状態をいいます。
腰椎すべり症には3つの種類があります

【形成不全性すべり症】

形成不全性すべり症は、生まれつき脊椎の発育に問題があるために起こりますが、非常にまれです。
このすべり症は神経への圧迫が起きている可能性がありますので、MRI検査での確認が必要となります。
神経を圧迫している場合は、腰痛だけでなく下肢のしびれが自覚症状としてあらわれてきます。
比較的若いうちから症状が出てくることがあり、手術で治す場合が殆どです。

【腰椎分離すべり症】

腰椎分離症が原因で椎骨がずれてしまうのが分離すべり症です。
分離症は、椎弓の一部である上下の関節突起間が割れてしまい、連続性が絶たれて、背骨の後ろの部分と前の部分が離れ離れになってしまいます。

分離症からすべり症に移行するケースはそれほど多くはありません。
腰痛が主な症状で、治療を必要とするほどの症状を出さないこともあります。

【腰椎変性すべり症】

椎弓の上下関節突起部分の断裂はみられず、椎間板の変性や椎間関節の変性に関連して起こります。

脊椎の安定に大切な椎間関節に形態的な弱みがある人に多く起こりやすいとされていて、老化による椎間板の変性や椎間関節の変性が強くなると脊椎にゆるみが生じ、第4腰椎の下関節突起部分が第5腰椎の上関節突起部分を少し乗り越えて前にずれてきてしまいます。

腰痛、座骨神経痛、足のしびれ、また足の親指に力が入らない、足の筋力の低下などの症状が見られます。