女性に多い腰椎変性すべり症

女性に多い腰椎変性すべり症

背骨は24個の椎骨からなっています。
腰椎変性すべり症は椎骨と椎骨の間にゆるみが生じ、上の椎骨が下の椎骨より前にすべるようにずれていく状態をいいます。

すべり症が生じる原因には、椎骨の椎弓部分が疲労骨折などで分離し、脆弱化して椎骨が辷り出すという「腰椎分離すべり症」もありますが、このケースはさほど多いものではありません。

一方、腰椎変性すべり症の原因は、椎骨と椎骨の間にある椎間板や、椎骨がずれないように強固に支えている靭帯が年とともに変性し、椎間板や椎間関節にゆるみが生じ、すべりを生じるものです。

高齢者の女性に多くみられますが、これは女性が閉経後ホルモンのバランスの崩れやカルシュウム不足などで、「骨粗しょう症」を起こすことが多いからであるといわれています。

腰椎変性すべり症や脊椎分離症は、必ずしも腰痛などの症状があらわれることはありません。
腰椎変性すべり症は腰痛より足の痛みやしびれ、筋力低下などの症状が多くみられるということも特徴です。

腰椎変性すべり症は、急に進行したり症状が悪化することはほとんどないといわれていますが、悪化すると脊髄神経の入っている脊柱管の輪がずれて細くなり、神経が圧迫され、痛みの症状が腰や足に出てくる場合があります。
この場合には早期に適切な治療法を施すことが必要となります。

治療法はしばらく安静にすることです。
痛みが激しい場合には鎮痛剤などの薬が投与されることになります。

保存療法で回復し、日常生活に支障がでることはほとんどないとされていますが、再発防止の為に、痛みが無い時には極力運動をするようにしましょう。

専門家の指導によるストレッチ、腹筋・背筋の強化運動ができると良いのですが、高齢者の場合無理ができませんので、ウォーキングなどから徐々に始めていくと良いでしょう。