腰椎すべり症の症状

腰椎すべり症の症状

腰椎すべり症は、下の腰椎に対して上の腰椎が前にずれてしまうもので、腰椎分離症の進行が原因で起こる場合と、加齢による椎間板や関節・靭帯の緩みが原因で起こる場合とがあります。

初期は椎間板や椎間関節が原因での腰痛が主体ですが、進行すると脊柱管狭窄症になることがあり、下肢の痛みや痺れの原因となります。

しかし、中には腰椎がすべることで逆に脊柱管が広くなる方もいますが、その場合には腰椎の不安定性による痛みが出現します。

【腰痛】

長時間の立ち仕事や、デスクワークなど同じ姿勢を強いられる状態が続くと腰痛が現れてきます。
上体を後ろにそらすと痛みが強くなります。この症状がすべり症において最も多い症状です。

【体が重い・だるい、筋肉疲労】

腰椎がすべると不安定になり、姿勢が悪くなります。
その結果、体にゆがみが生じ左右の筋肉のバランスが崩れてしまいます。
その為、常に無理な姿勢をしている状態となり、一部の筋肉に異常な負荷がかかり、筋肉疲労を起こします。

【坐骨神経痛】

中高年の場合、坐骨神経痛を発症する主な原因は、腰椎すべり症であるといわれています。
坐骨神経痛の原因は腰にあります。
しかし、実際に痛みや痺れが生じるのは、坐骨神経に沿ったお尻から太腿部のあたりにかけてです。
痛むところをマッサージしても、原因が腰にあるので意味がないという事になります。

【脊柱管狭窄症】

すべり症の症状の中でも深刻なものです。

すべっている状態を長期間放置すると慢性化し、椎骨の一部が前方に突き出してしまい、脊髄中枢神経(第1腰椎あたりからは、馬尾神経となる)の通り道である脊椎管が狭くなってしまいます。
特に上体を後屈したときに脊椎管が狭くなり、神経が圧迫されやすくなります。