腰椎すべり症の治療・リハビリ

腰椎すべり症の治療・リハビリ

腰椎すべり症は、殆どの場合で保存療法によって治療が行われます。

まずは安静が基本となります。
すべりを起こしている腰椎周辺を固定する為に、コルセットを装着します。
さらに、腰椎すべり症の痛みがある場合には、消炎鎮痛剤が処方されます。
内服薬で痛みがおさまらない場合には、ブロック注射を用いて痛みを軽減させる場合もあります。

しかし、安静が長く続くと、運動不足になった筋肉は衰え、かえって日常生活への復帰を遅らせてしまうことになります。
痛みがなくなれば、リハビリによって筋力を鍛えることも腰椎すべり症の改善にはとても重要になってきます。

腰椎すべり症になる原因は、多くの場合、腰椎周りの筋肉に力がないために、腰に加わる負荷を腰椎自体が受けとめてしまうようになるからです。

腰椎に関連する筋肉がしっかりと発達し力があれば、腰椎すべり症になる可能性はとても低くなります。

腰椎すべり症でよく見られるのが、レントゲン上ではすべりを起こしているのだけれど、本人は全く腰椎すべり症などの痛みの自覚がないことです。
これは、腰椎にかかる負担を筋肉がしっかりと吸収しているからなのです。

また、筋力を鍛える以外にも、リハビリの方法には様々なものがありますが、主治医や理学療法士等の指導をうけて、自身に合った最適なリハビリ方法を決定するようにしましょう。

牽引療法は、人によって逆効果になることもありますので、牽引療法を用いる場合には慎重にその効果を判断しなければなりません。

水中での浮力を利用して行う水泳や水中歩行などは、腰椎への負担をほぼゼロの状態にして運動することができるので、一般に多くの腰椎すべり症患者さんにとってメリットがあります。

腰椎の老化を止めることは残念ながらできません。
しかし、腰椎周りのストレッチや筋力トレーニングを行うことによって、腰椎すべり症をある程度防ぐこともできますし、体を健康な状態に戻すことが可能となります。

どのような方法が腰椎すべり症に効果があるのかは、患者さんによって異なります。
しかし、「病気を治す」という強い意志を持って色々な方法を試していけば、必ずその人に合った方法が見つかるはずです。