腰椎すべり症、治療で注意する事

腰椎すべり症、治療で注意する事

腰椎すべり症では、当然のごとく腰椎へ負担をかけるような行為は症状を悪化させますので、注意を払わなければなりません。
特に運動をすればいいからといって、腰椎(上体)を反らせる体操やリハビリメニューはおこなってはいけません。

整体やカイロプラクテイックで治療を行う方もいらっしゃいますが、これらは腰椎すべり症の症状を改善させることはできても、腰椎すべり症の根本治療はできません。

腰椎すべり症に対する整体治療では、患部への直接の操作はせず、腰椎骨や骨盤等の矯正をする事で、腰椎がすべってしまっている部位にかかる負荷を軽減し、症状の改善をはかっていきます。

患部への直接の操作については「手術」のみになります。
薬物療法やリハビリなどの整形外科での治療と他の補完代替療法を平行させる場合においても、特にマッサージや指圧などで幹部を直接圧迫すると、すべっている部分を増長させ症状はかえって悪化してしまいます。

病院の治療と並行するという場合には、腰椎すべり症では鍼灸が効果的であると思われます。
鍼灸は効果の持続性が良いことから、痛みの軽減に力を発揮しますので、病院での腰椎すべり症治療との相乗効果も期待できます。
また、鍼灸では直接マッサージするようなことはなく、体にとっては最も優しい治療方法といえます。

温泉治療については、痛みが酷い時は炎症を起こしていることが多く、その場合に熱いお湯につかることは、炎症を助長する可能性が高いため、入浴には注意が必要です。
痛みが殆ど無い場合には、ぬるめのお湯にじっくりとつかる入浴法をお勧めします。

腰椎すべり症では腰椎の歪みをサポートするためにリハビリの継続はとても重要なポイントです。
しかし、急激な激しい運動で筋肉を疲労させてしまっては、かえって腰椎すべり症の痛みを増強させてしまうことになります。

適度な運動量とは、運動後に爽快感があり、やや疲れがあるかないか・・・という程度で、
それ以上の激しい運動は腰椎すべり症では禁忌といえます。