腰椎分離症の妊婦さんが注意しなければならない事

腰椎分離症の妊婦さんが注意しなければならない事

腰椎分離症の状態の方が妊娠をした場合、胎児の成長に全く問題はないのですが、出産の際には腰椎にかなりの負担がかかりますので、腰の痛みは避けられません。

出産時期が近くなれば、コルセットの装着はできませんし、鎮痛剤も服用できなくなります。
このような場合に、ブロック注射をして痛みを軽減するという方法をとることがあります。

薬物の服用は薬が血流にのって全身にまわり、妊婦さんにも胎児にも薬の影響を与える可能性があり、危険です。

しかし、ブロック注射では、痛みの部位に極少量の麻酔薬を注射するので、全身への影響を最小限に抑えることができ、痛み止めとしてもすぐれた効果を発揮します。

妊婦の腰椎分離症や椎間板ヘルニアは非常に多いらしく、ブロック注射をしている方も沢山いらっしゃいます。

妊婦に注射?と不安かもわかりませんが、医師からきちんと説明を受けて納得できれば、我慢できない痛みを取り去る最も良い方法といえます。

妊娠初期であれば、まずは痛い姿勢を避けること、できるだけ安静にすること、シップやコルセットなど使用することで、ある程度の痛みは避けられます。

分離症は姿勢を後ろにそらすと痛みを強く生じますので、妊娠初期の場合であれば、身体の後屈は極力避けるようにしましょう。

また、これはすべての妊婦に言えることですが、妊娠中の体重増加は最小限に食い止める努力も必要です。

5カ月を過ぎると徐々に大きくなるお腹が腰に負担をかけてしまいます。
仕事をする事は問題ありませんが、腰をいたわることを忘れてはいけません。

分離症に限らず、合併症を持った妊婦さんは多くいらっしゃいます。
産婦人科医や助産婦とコンサルティングを密に行い、精神的な不安を払拭する事もとても重要です。

一人で考えないで、何でも産婦人科医や助産婦さんに話す事が必要です。
腰椎分離症の場合でも自然分娩は可能です。

ただ、一番気をつけなければならないのが分娩後で、分娩後に急激な痛みに襲われる方が多くいます。

産後1ヶ月を過ぎると赤ちゃんの体重も増えてきますので、お母さんは腰に負担がかかってきて、腰痛を起こしやすくなります。

出産により腰椎の状態が変化し、腰椎分離症の急激な悪化とぎっくり腰などを併発してしまうこともあるからです。

このような状態を避けるためにも、妊娠中も症状が進行しないよう、適切な治療を受け、出来る限り腰のケアを怠らないようにしなければなりません。