腰椎変性すべり症について

腰椎変性すべり症について

脊椎の椎骨と椎骨の間に存在していて、背骨にかかる負荷を吸収したり、椎骨の滑らかな動きをサポートするための役割を果たしているのが、椎間板です。

椎間板は脊椎の下部・腰椎のあたりで一番重力がかかり、最も変性しやすくなっています。
椎間板に繰り返し圧力が加わり続けると、椎間板そのもののクッション性が失われてきます。

クッション性が失われた上に、長年の繰り返しによる体重などの重力や外圧で椎間板は正常な形を失い、ずれ応力が作用して椎骨が前方へと辷るような状況が生まれます。
これが腰椎変性すべり症といわれる状態です。

ずれが生じると、椎間関節や他の神経に圧迫がかかり、腰痛や足のしびれの原因になることがあります。

すべり症が生じることで、ずれた椎体が神経を圧迫して、神経の一部が極端に細くくびれるような状態にまで圧迫されることがあります。
このような状態になると激しい痛みに襲われます。

治療は、神経の圧迫によって生じている症状の度合いによって違いますが、殆どの場合で安静にして鎮痛剤の服用やコルセットの装着などで、痛みは軽減されてきます。
それでも痛みがおさまらない場合には、患部に麻酔薬を注射するブロック注射で痛みの信号が脳へと伝わることを遮断します。

痛みが軽減されたならば、腰回りの筋肉を鍛えるトレーニングを始めます。
患部周辺の筋肉を強固にし、腰椎にかかる負荷を軽減させることが目的です。
いわば、筋肉が自前のコルセットになるようにするのです。

また、重要なのが姿勢の改善です。
いくら筋肉を鍛えても、姿勢が悪いと異常な負荷が腰にかかり続け、再発の原因となります。

これらの治療を続けても効果が無い場合には手術となります。
手術は、椎骨が辷って不安定になった部位をボルトで固定する方法がとられることが多いのですが、この場合痛みはすぐに改善されるのですが、痺れの回復には時間がかかります。