腰椎分離症への対処

腰椎分離症への対処

腰椎分離症は、スポーツを活発に行っている10代前半の成長期、特に男子に多くみられます。

野球や柔道、バレーボール、テニス、ゴルフ、体操など腰部をひねることが多いスポーツを日常的に行なっている子がかかりやすいようです。

最初は運動をしている時に腰が痛むという形で症状が現れてきます。
背中をそらした時に腰痛が増すのが特徴ですが、しばしば前かがみも制限されることがあります。

しかし、運動時以外の日常生活においては腰痛もないのでさほどの緊急性を感じる事はなく、運動を続けていくことも可能です。

腰椎骨の後半分の「椎弓」はリング状の構造をして、斜め後方部分は細くて脆弱な部位となっています。
背中をそらす動作やジャンプからの着地をする時の動作で力がかかりやすく、そういう動作が繰り返されると、この脆弱な部位にひびが入ってきます。

これがいわゆる疲労骨折で、一番下の腰椎(第5腰椎)に好発します。
しかし、体質的な要因もあり、すべての人が分離症になるわけではありません。

10代前半の成長期の子であれば、分離症の起こり始めの段階では、骨の疲労骨折の癒合はまだ可能です。
しかし、疲労骨折を起こしてから時間がたってしまったものは、骨が再びつくことは期待できません。

まず原因となった運動を休止させることが第一で、加えてコルセットで腰を固定し腰椎に力がかからないようにします。
痛みに対しては痛み止めを使い、痛みが少ないようであれば、腹筋や背筋、大腿部の筋肉のストレッチングも重要です。

骨癒合が可能であるかどうかはレントゲン検査やCT検査などで判断できます。
癒合が可能な場合は、6ヶ月間程度はスポーツ活動を休止します。

骨癒合の見込みがないのであれば、強い痛みがおさまり次第、運動時にコルセットを装着するなどして、腰痛をコントロールしながらスポーツに復帰することになります。

腰椎にかかる負担を減らすためにも、腹筋や背筋、大腿部の筋肉の強化が重要で、ストレッチ運動などは継続して行う事が必要です。