腰椎すべり症で手術を勧められた場合

腰椎すべり症で手術を勧められた場合

腰椎すべり症の治療は、殆どの場合で手術は行わず保存療法で対処されます。

しかし、間欠跛行の症状がある、痛みが増幅するばかりでおさまらない、排尿・排便障害などが起きている場合など神経症状が激しく、日常生活に支障が出ている場合には手術の対象となります。

ただし、日常生活に支障がない範囲というのは、患者個人の感覚で差がありますので、一般的には手術の対象とならないような場合でも、その患者さんが希望すれば手術を行う場合もあります。

病院では、痛みの状態や、レントゲン、MRIの画像診断による骨のすべり具合の程度で手術の実施を決めているようですが、一方であくまで患者自身の意思を尊重し、画像診断はその補助という病院もあるようです。

患者さん自身はあまり手術したくないのに手術を勧められた、という場合があるかと思います。
自分の意にそわないで、手術をして思ったような結果が得られなかった場合には、精神的なショックが加わる恐れがあります。

患者さん自身が手術に必要性を感じない場合、自分の意思と違うと思った場合は、セカンドオピニオンを積極的に求めるようにしましょう。

自分では、手術など頭にないのに医師から「手術をしましょう」と言われると、簡単に決心はつかないものです。

セカンドオピニオンを積極的に求め、あらゆる治療法を検討した結果、患者自身が納得した上で手術を考えるようにすることが大切です。

そのような場合に備えて、医師の診断を仰ぐ場合にはあらかじめ数か所の病院を調べておく必要があります。

その病院の医師の考え方などは、ホームペジ上である程度わかります。
また、経験者からの話などを参考にすることも大切です。