すべり症について

すべり症について

私たちの上体の重量を受け止め、且つ歩行を支える腰は、大変重要な部位でありますが、同時にトラブルを抱えやすい部位でもあります。

ぎっくり腰になった…とか、腰痛が酷くて・・・など腰に関するトラブルの話は良く耳にします。
あまり、頻繁に聞く病名ではないのですが、「腰椎すべり症」もその一つです。

腰椎すべり症は腰痛症のような痛みがあるものの、激痛が伴うような痛みはあまりなく、たまに下肢に痛みやしびれを感じる程度の症状であることが多く、放置されやすい疾患です。

腰椎すべり症は、椎体が直下の椎体に対して前方にすべっている状態のことをいい、椎間板の老化や腰椎骨が分離することによって起こるのが原因とされています。

すべり症には色々種類があり、

腰椎と腰椎を結ぶ椎間関節が折れることによって、腰椎がずれてしまう「腰椎分離すべり症」は、前屈位で腰への突っ張り感や不安定な感じなどを感じることがあります。
主に仙骨と腰部を繋ぐ第五腰椎に多く発生する症状です。

椎間関節に分離などの異常はないが、椎骨と椎骨との間にある椎間板や椎骨を支える靭帯、また骨そのものが加齢によって変性し、それが原因で起こる「変性すべり症」は、長時間たっていることで腰痛や臀部の痛み、下肢のしびれが出ることがあります。
女性の高齢者に多く、腰椎症性変性が基盤となって第四腰椎に症状が表れることが多くなっています。

また、先天的な形成異常によって、出っ尻のような姿勢になったり、腰痛・下肢痛などが起こる「形成不全すべり症」、その他「外傷性腰椎すべり症」「病的脊椎すべり症」などもあります。

すべり症は主に脊椎に出る病気として知られていますが、他の部位でも起こることがあり、腰椎に表れた場合は「腰椎すべり症」、頚椎に表れたら「頚椎すべり症」また、股関節にも出ることがあり、その場合も股関節の大腿骨頭に現れることから、「大腿骨頭すべり症」という病名が付けられます。
また、腰椎のずれかたによっても病名が変化します。