腰椎すべり症の予防、再発防止対策

腰椎すべり症の予防、再発防止対策

腰椎すべり症は、腰椎を組織する椎間板や椎骨、靭帯などの変性が原因となる変性すべり症と、椎弓の分離が下地となって発症する分離すべり症があります。

すべり症は手術をしないで、保存療法で治療することが殆どですが、一度症状が軽快しても再発する場合があります。

しかしながら、手術すれば再発が避けられるかというとそうでもないのです。
分離すべり症で、固定術まで行った場合は再発のリスクはかなりおさえられるとも考えられます。
ところが、椎間板などの変性は進行するものですから、診断名が椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症として再発することも考えられます。

腰痛症というものは常に再発のリスクがあると考えて、症状が軽快してもその後の生活に注意し、極力再発のリスクを抑える努力が必要となります。

その努力とは何かという事ですが、「筋肉の強化」に他なりません。
筋力が充実している体は極端に言うと、背骨がなくても筋肉のみで胴体を支えることができるといわれています。
逆に筋力の乏しい身体は、体重や体にかかる負荷のほとんどを骨格で支えることになります。

筋力はそれほど重要なものであり、特に体の重量がかかる膝や背骨ではそこを強化することが欠かせないのです。

しかし、単純にハードな運動を行えばいいというものではなく、自身の年齢や体調に合わせて適度な運動をする事が大切です。

無理に激しい運動をすればかえって腰痛を再発・悪化させてしまいかねません。
アクアスポーツやウォーキングなどで十分ですが、継続して行う事が重要なのです。

そして腰痛対策としての筋力強化で重要なのは表層筋よりも深層筋・所謂インナーマッスルです。
インナーマッスルが弱ると、「腹圧を高めて体幹を支える」力が弱まり、筋肉に負荷がかかり、背骨や骨盤が歪みやすくなり、トリガーポイントができて腰痛になるのです。

深層筋は強い負荷をかけなくても強化されますので、高齢の方や普段体を動かしていない方は無理のない運動で筋力強化を図っていくことができます。

表層筋や深層筋をバランスよく鍛える事で、自然に備わったコルセットを持つことができるもので、この事によってすべり症など、腰痛の予防や再発防止につながっていきます。