腰椎すべり症の禁忌事項

腰椎すべり症の禁忌事項

腰椎すべり症に限った事ではありませんが、腰痛や坐骨神経痛などといった症状がある場合には、腰椎へ更なる負担をかけることは、当然のことながら症状を悪化させてしまいます。
腰椎すべり症の場合は特に、腰椎を反らせる体操やリハビリメニューは禁忌とされます。

補完代替療法といわれる整体やカイロプラクテイックで治療をする場合があると思いますが、これらの治療法でも腰椎すべり症の症状を改善することはできても、腰椎すべり症を根本から治すことはできません。

つまり、整体やカイロプラクテイックにおいても、辷った椎骨を元に戻すことはできないという事を理解する必要があります。

腰椎すべり症のように、骨のずれによって痛みが生じていると考えられる腰痛は、骨に原因があると考えがちですが、腰痛は基本的には骨を支えている筋肉に問題がある場合が多いのです、

整体療法では、腰椎すべり症に対する体の補正作用を増強するために体を調整しますが、この場合、筋肉へ働きかけることによって、背骨の湾曲を整えるような治療を行い、背骨の関節にかかっている負担を減らしていきます。

つまり、背骨の中で圧迫されている中枢神経への負担を軽くすることで、痛みの軽減を図るという手技なのです。

腰椎すべり症の治療方法を選択する場合は、特に患部への直接の操作については手術以外ではしないという事を知っておいてください。

薬物療法やリハビリなどの整形外科での治療と他の民間療法を並行して行う場合でも、特にマッサージや指圧などで幹部を直接圧迫するような方法をとると、すべっている部分が余計に大きくなることがありますので注意すべきです。

病院の治療と並行するのであれば、持続効果が長く痛み止めの効果が期待される「鍼灸」での治療を選択される方が多いく、病院での腰椎すべり症治療との相乗効果も期待できるようです。

「鍼灸」では患部を直接マッサージするようなことはなく、体にとっては最も優しい治療方法といえるかもわかりません。

その他、温泉治療について禁忌の有無が問われますが、痛みが酷い時に熱いお湯につかることは、炎症を引き起こす可能性が高いため注意が必要です。

腰椎すべり症では腰椎の歪みをサポートするためにリハビリを継続させることが大切です。しかし、最初から思い切った運動をすると筋肉が疲れてしまい、かえって腰椎すべり症の痛みを増強させてしまうことも少なくありません。

適度な運動量とは、やや疲れがあるかないか、という程度、という認識が正しく、それ以上の運動は禁忌といえます。

その為には、やはり専門家の指導の下でリハビリ方法を習得することがよいと思います。