腰椎分離症・すべり症の検査

腰椎分離症・すべり症の検査

腰椎骨の椎間板のついている前方部分は椎体、後方の椎間関節のついている部分は椎弓と呼ばれます。椎体と椎弓の間には椎弓根が存在します。

椎弓の部分はやや脆弱な部位で、繰り返す負荷で疲労骨折を起こし、骨の連続性が断たれてしまう事があります。これを「腰椎分離症」といいます。

椎体と椎弓の連続性が断たれ、後方部分の支持性がなくなった椎体が前方にずれてくるものを「分離すべり症」と呼びます。

腰椎分離症もしくは腰椎すべり症に見られる分離の多くは、単純X線の側面像で診断できます。
また、診断が難しい場合でも、斜位からのX線検査で犬の首輪のように見える分離部を確認するとわかることがあります。

一方、この斜位X線でも分離の有無が診断できない場合、CTで分離部を垂直に切る”スライス”で撮影することで腰椎分離症かどうかを確定できます。

さらに、分離の診断のためにMRIを撮影することもあり、MRIで分離発生前の状態が観測できる報告もあります。

しかし、CTやMRIは主に手術を前提に神経の圧迫の状態を調べたり、分離部を明瞭に観察するために行うことが多くなっていて、稀にしか行われません。

分離すべり症では脊柱管の狭窄はないのでMRIでははっきりしません。
分離部分で神経根が圧迫されていることが多く、神経根ブロックで明らかにする場合もあります。

分離による脊柱管狭窄症はMRIの傍矢状断像にて神経根の圧迫を確認し、分離部を通過する神経根の造影やブロックにより診断します。

高齢者の場合、変性所見が強くてX線検査での診断が難しい場合が多くなります。
分離部に少量の局所麻酔剤を注入することによって、伸展時に誘発される腰痛が劇的に消失する場合、分離部からの腰痛である可能性が高いといわれます。

高齢者の腰痛が腰椎分離症から生じているものか、変性から生じているものかの診断はとても難しくなります。

臨床症状、分離の存在、分離部ブロックの効果などから総合的に判断して腰椎分離症と診断されますが、腰痛症との鑑別が100%できるというわけではありません。