腰椎すべり症と腰部脊柱管狭窄症

腰椎すべり症と腰部脊柱管狭窄症

腰椎すべり症は腰椎骨が前後にずれている状態です。
腰椎分離に伴って起こる分離すべり症と、分離を伴わない変性すべり症とに分けられます。

分離すべり症は椎間関節が分離することによって脊椎の安定性が悪くなり発症します。
変性すべり症は、分離はないものの加齢による椎間板の変性や靭帯の弱体化などによって発症することが多く、腰部脊柱管狭窄症の原因となっています。

分離症だけでは、一般的には腰や腰周辺の筋肉に痛みがあるものの、激しい痛みは伴いません。自覚症状が出ない場合もあります。

長時間の立ち仕事や、重いものを持ち運んだり、腰を反らせたり横に曲げたりした時に腰痛が出現することはありますが、これは分離している部分の骨の痛みで、神経を圧迫している痛みではありません。

一方、すべり症が、加齢による変性などから起こる脊柱管狭窄の原因となる場合もあり、この場合、腰痛の他に下肢の痛みやしびれなどの所謂、坐骨神経痛の症状を訴える場合が多くなります。
馬尾神経が障害を受けると、症状が重篤化してきます(馬尾症候群)。

脊柱の中には神経の束である脊髄中枢神経が通っています。腰椎が辷りだすとこの脊髄中枢神経にまで圧迫を加えるようになり、坐骨神経痛を引き起こします。

さらに圧迫が強いと、脊柱そのものが前方へ突出してしまい、脊柱管狭窄を起こすことになります。

腰椎すべり症と脊柱管狭窄症は全く違った疾患なのですが、痛みの直接の原因が同じであることから、 その治療の要点は 共通しています。

すべり症の治療は、自覚症状が腰痛のみの場合は、コルセット装着や鎮痛剤などの保存療法が行われます。

下肢の痛みや筋力低下などの神経症状が現れて、日常生活が困難になった場合には、固定術などの手術治療が行われます。