腰椎分離症の原因「圧迫骨折」

腰椎分離症の原因「圧迫骨折」

腰痛の原因として、「圧迫骨折」があり、腰椎分離症の人にも「圧迫骨折」が見られるケースがあります。
圧迫骨折とは、直接または間接的に必要以上に強い力が加わって、骨のつながりが途絶えてしまうことをいいます。

脊椎圧迫骨折とは、背骨が押しつぶされるように変形してしまう骨折です。
人間の背骨は、24個のちいさな骨(椎体)で構成されており、生理湾曲を伴い体の重みをバランスよく支えています。

加齢やホルモンバランスの崩れなどで骨粗しょう症が進行すると、骨密度が低下し骨の内部がスカスカでもろくなってしまいます。

弱くなった骨は、ちょっとした衝撃、例えば、尻もちをつく、くしゃみをする、不用意に重いものを持ち上げる、などがきっかけで椎体に強い力が加わりつぶれてしまうことがあります。

完全につながりが絶たれる完全骨折と部分的に繋がっている不完全骨折に分けられます。
骨密度の低下がさらに進行すると、次の骨折が発生しやすくなります。

何度も圧迫骨折を繰り返したり、一度に数か所で骨折をする事もあり、背骨が変形して曲がったり、身長が縮んだりする人がいます。

圧迫骨折は骨粗しょう症が原因で起こる場合が多いのですが、スポーツや不意に転ぶなどで強くしりもちをついた場合などは、若い人にも起こる事があります。

高齢者の場合、圧迫骨折をすると骨が固まりにくく、通常の骨折のようには治らないケースが多くなり、腰痛、足にしびれが出る、動きにくいといった症状が出ることもあります。

骨粗しょう症による圧迫骨折の場合、ギプスや装具などを用いて身体を固定し、医師からは前にかがむといった動作などをしばらくの間中止するように指導されます。

また、痛みが強い場合、鎮痛剤などの内服による治療も行います。
骨折部の不安定性が強く日常生活が困難な場合には、手術が必要になることがあります。

圧迫骨折を放置していると、加齢による骨の変性からすべり症になる事も、また、すべり症から脊柱管狭窄症になる事も多いのです。

日頃よりカルシュウムを積極的に摂る等、栄養の管理、適度な運動を心がけ、極力骨の老化防ぐ努力をしなければなりません。

また、痛みを感じる場合には、早めに医師の診断を受け悪化しないようにして下さい。