腰椎分離症の予防

腰椎分離症の予防

腰椎分離症は、腰部の椎骨(腰椎)の椎弓部分が分離することによって発生する腰の疾患です。

スポーツ障害として起こることが多く、小学校低学年から高学年までの年代に集中して起こっています。
スポーツ障害以外での腰椎分離症は、老化による骨の弱化が原因となって起こるものです。

スポーツ障害における腰椎分離症は疲労骨折で、予防するためにはオーバートレーニングを出来るだけしないということになります。

しかし、スポーツの上達を目指している若者は、出来るだけトレーニングは止めたくないという方は多いでしょう。

そこで重要となるのが、クールダウンです。
トレーニング後は出来るだけ筋肉を休ませ、また、次の練習のために体を整える事が疲労骨折を防ぎます。

過度の筋肉疲労が起こり、回復しないまま又運動を続けると疲労は重なり、筋肉が機能不全に陥ります。
腰椎は筋肉の支えを失うと大きな負荷を直接受けることになり、今度は腰椎に疲労がたまってしまいます。

筋肉疲労の中で無理に運動を続ける事は避けて、一定時間休ませることも必要なのです。
一日の練習が終った後で、充分な整理運動を行う事や、効果的に筋肉をマッサージすることでクールダウンすることが、腰椎分離症の予防に繋がっていきます。

また、若者はスポーツ自体の技術の未熟さが腰椎分離症の原因ともなっています。
例えば、ボールを蹴るという動作をする時に、熟達者はボールにインパクトを移動して、力をリリースできるのですが、技術が未熟な場合には、そのインパクトは自分に跳ね返ってきてしまうことになりがちなのです。

これは、指導する側の知識不足も要因となっていることが多く、指導者がスポーツ自体の技術向上させることも重要です。

指導者は技術の指導も、身体のケアの指導も合わせて行わなければならず、指導者自身の意識の向上も、腰椎分離症の予防に繋がっていくと思われます。