腰椎すべり症も坐骨神経痛の原因

腰椎すべり症も坐骨神経痛の原因

腰椎すべり症は、背骨を構成する椎骨が下の椎骨に対して前方に少しずれてしまう状態をいいます。
特に第4、第5腰椎で多くみられます。

椎骨に分離(疲労骨折)があってその不安定さが原因で起こるのが「腰椎分離すべり症」で、分離を伴わず加齢などで椎骨や椎間板、靭帯などが弱体化して起こるものを「腰椎変性すべり症」といいます。

どの年代にでも起こり得る疾患で、どちらのすべり症も顕著な症状として、坐骨神経痛を発症することがあります。

前方にずれた腰椎骨が脊椎を通る神経を圧迫し、坐骨神経が走っている臀部から太腿の裏側にかけて痛みやしびれを発症するようになります。これが坐骨神経痛です。
酷くなると、痛みや痺れで立っていることも、座っていることも、歩くことも辛いという場合が多くあります。

中高年に起こる坐骨神経痛の場合、かなりの高い割合で腰椎すべり症が原因となっています。

腰椎すべり症の治療は安静を基本とした保存療法となります。
しかし、安静が重要であることは確かなのですが、極端に動かないでいると脚や腰椎に関連する筋肉が衰えてしまい、治療をする時の妨げとなってしまいます。

個人差はありますが4~5日安静にしながら鎮痛剤などの薬物療法を行うと、痛みがある程度おさまってきます。

その時点からはリハビリなどで腰椎周りの筋肉を鍛えるようにします。
すべった椎骨を元に戻すことはできませんが、筋肉を強固にすることですべっている箇所を充分に押さえることが出来るようになります。
特に腹筋や背筋で腰椎をサポートすることが重要です。

カイロプラクテイックでは、辷っている上下の椎骨あるいは骨盤へ働きかけをして患部を改善させていきますが、やはり元に戻すことはできません。
腰椎周辺の筋肉を中心に、身体全体の筋肉を鍛える事で、より以上悪化することを防がなければなりません。

腰椎すべり症は、脊柱管狭窄症に発展する場合もあり、酷くなると間欠跛行という歩行障害が起こり、何度も休みながら歩行を続けなければならなくなります。
また、排泄障害も起こる事があり、このような神経症状が酷くなると日常生活が困難になり、手術が検討されます。

このような酷い症状になる前に、少しでも腰に違和感があるようであれば、医師の診断を受けるようにしてください。