腰椎分離すべり症について

腰椎分離すべり症について

腰椎分離すべり症は、腰椎骨の疲労骨折による分離が原因で椎骨がずれた状態をいいます。
分離した椎骨は椎間板のみの支えしかなくなるため、ずれが生じやすくなります。

腰椎分離すべり症は、中年以降の男性によくみられ、体重の増加や加齢による骨の変性などが加わり、さらに亀裂が広がって、椎骨が主に前にすべり出してしまいます。

症状は
・何となく腰が疲れる
・鈍い痛みがあり重苦しい感じがする
・体を後ろに反らすと腰痛や下肢痛・痺れが現れる
・長時間立っていたり、また座っていると痛みが生じる
・重労働の後に痛みが生じる
などです。

腰椎分離すべり症は、椎骨が前にすべることで脊柱管が歪み内部が狭くなる為、中を通る神経が圧迫されることで痛みが起こります。

座骨神経の神経根が刺激された場合には、臀部から大腿部、ふくらはぎにかけて痛みやしびれのある坐骨神経痛の症状を呈します。

すべりが大きくなって腰部脊柱管狭窄症を引き起こし、馬尾神経が障害を受けると症状は重く、間歇跛行がみられることがあります。

椎骨のすべりに伴って脊柱の前湾が強くなると、背中が曲がり姿勢が悪くなったり、背中に階段状のくぼみがみられるようになることもあります。
高齢者に背中が丸くなっている人が多いのは、すべり症が原因で脊柱の前湾が強くなるからです。

腰椎分離すべり症の治療は保存療法が基本で、時間はかかりますが多くの場合1年程度保存療法による治療を続けると改善します。

保存療法では、腰に負担のかかる動作や運動を避けてなるべく安静を保ちます。
場合によっては腰椎コルセットをつけて動きを制限します。

薬は痛みを抑える非ステロイド消炎鎮痛薬、筋弛緩薬、神経の修復を助ける神経賦活薬、血流を良くするための抹消循環改善薬などを用います。
その他、温熱療法によって抹消の血行を改善して痛みを軽減します。

痛みが改善されない場合には、神経ブロック療法が用いられ、痛みやしびれが起こっている患部に局所麻酔薬やステロイド薬を注射します。

保存療法で症状の改善がみられず、痛みなどで日常生活が困難な場合には手術になります
手術は、背中側から切開して脊椎を正しい位置で固定する「後方進入椎体間固定術」を行い、固定するにはチタンセラミック製の器具を用いる方法と、自分の骨を移植する方法があります。