腰椎すべり症の種類と治療

腰椎すべり症の種類と治療

腰椎骨は前方部分の「椎体」と、後方部分の「椎弓」「棘突起」「関節突起」などからできています。

腰椎すべり症は腰椎骨を構成する後方部分の「椎弓」で亀裂(疲労骨折といわれる)が生じ腰椎関節が壊れていることが原因で起こりものを「腰椎分離すべり症」といいます。

また、椎骨間にある椎間板や靭帯の変性などで骨がずれてしまうこともあり、その場合には「腰椎変性すべり症」といい、その他先天的なものを「形成不全性すべり症」といいますがこれはごく稀です。

腰椎すべり症は、骨が後方に辷る場合もありますがごく稀で、殆どは前方にすべり出します。分かれますが、すべり症のほとんどは前方すべりです。

変性すべり症は中高年以降の女性に多くみられ、閉経後に骨密度が低下すること(骨粗しょう症)がすべり症の発症原因となることもあるといわれています。

腰椎すべり症は、保存療法によって症状を改善出来る事が殆どです。
ただし、すべりの度合いによっては、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症につながる場合もありますので、保存療法で軽快後も生活習慣の見直し・改善や運動、充分な栄養補給などで症状が再発するのを防ぎます。

また辷った骨が脊柱管を狭窄し、尿や便など排泄の機能を支配している神経を含む馬尾神経を圧迫して排尿・排便に支障をきたすことがあり、このようなケースのすべり症では、神経圧迫の除圧をするために手術を選択しなければならなくなります。

腰椎すべり症も手術回避のためには、異常を感じたら早めに整形外科で検査を受けることが肝要です。