腰椎分離症でのリハビリ

腰椎分離症でのリハビリ

腰椎分離症は、小学生から中高生のスポーツ選手の約1割もの人がなっているといわれていて、運動選手とは非常に関係の深い疾患です。

しかし、症状として腰痛はあるものの、成人が訴える一般的な腰痛とは違い、下肢のしびれなどはなく痛みも鈍痛ですから、運動による疲労であろうと考えて放置してしまうケースが多いようです。

スポーツ選手における腰椎分離症は一種の疲労骨折でありますから、長い練習時間や、ハイレベルでハードな運動・練習であればあるほど、発症頻度は増していきます。

この場合の疲労骨折とは、腰椎骨の椎弓部が他の部位より脆弱なことから、たび重なるストレスによって分離を生じ、椎間関節の連続性が絶たれた状態なのです。

この疲労骨折は、最も負荷がかかる腰椎の最下位である第5腰椎で多発し、腰椎の安定性が失われてしまい、上体を後屈する事で患部に痛みが生じます

日頃からかかわっているトレーナーであれば、このような状況から腰椎分離症の可能性を判断することもできます。
また、スポーツをハードにおこなっている小学生などであれば、子供が僅かでも腰痛を感じているようであれば、保護者が腰椎分離症の可能性を考える事も必要です。

小学生から中学1~2年生頃までは、疲労骨折による分離は安静とコルセットの装着で骨癒合しますので、またスポーツを再開することができます。

中学生の後半ぐらいになると骨癒合は期待できなくなりますが、たとえ分離部が癒合しなくてもスポーツの継続は可能です。
痛みがなければ腰部の筋力をつけることで筋肉のコルセットができますので、少しずつスポーツに復帰していくことが可能となります。

その為にまず行いたいエクササイズは、背筋群、ハムストリングスのストレッチングを中心とした軽い柔軟体操で、このエクササイズによって腰椎周辺の筋肉をリラックスさせることができます。

筋力強化のためとはいえ、分離が起きている状態でのハードな運動は禁物です。
また、コルセットを装着する場合は、治療中のさらなる筋力低下を防止する為に、常時の装着は避けるようにしましょう。

いずれにしても、医師の診断を受けて理学療法士などの専門家の適切な指導の下でリハビリを行い、スポーツ復帰を目指すことが必要です。