「腰椎分離症」と「腰椎分離すべり症」・「腰椎変性すべり症」

「腰椎分離症」と「腰椎分離すべり症」・「腰椎変性すべり症」

腰椎骨は、前半分の椎体、後ろ半分の椎弓から構成されていて、椎体と椎弓の間には椎弓根があります。

「腰椎分離症」は、椎弓根の部分で分離が生じ、前部と後部のつながりが断たれた状態のことをいいます。

分離した腰椎骨を下の腰椎骨が支えることができなくなり、前方へとずれていきます。分離が原因で起きることから「腰椎分離すべり症」といいます。

正常な腰椎は、軽く前方にS字湾曲して背骨にかかる負担を分散化しています。
このS字湾曲の構造上、上下の腰椎は椎間板や椎間関節、靭帯によってズレを生じないように支えられています。

しかし、加齢や栄養不足などによって、椎間板や椎間関節、靭帯などに変性が生じ弱体化してしまう事から、上の腰椎を支えきれなくなってしまい、ずれを生じてしまいます。
これを「腰椎変性すべり症」といいます。

このように腰椎が不安定になると、椎骨の椎間孔から出ている神経を刺激することで腰痛の原因になります。

最も多い症状は腰痛ですが、ぎっくり腰のような急激な激しい痛みは殆どありません。
スポーツのあとや長時間立っていたり座っていたりと同じ姿勢でいた場合や、また背中をそらした時に腰が痛みます。

腰椎すべり症の場合、すべりが強くなると脊柱管を狭窄するようになり、脊柱管内の神経を圧迫することになり、腰部脊柱管狭窄症の症状が出るようになります。

圧迫される神経が馬尾神経であった場合には、間欠性跛行や排泄障害症状を呈するようになり症状は深刻化してしまいます。

このような事態を未然に防ぐためには、腰痛を感じた時点で診断を受け治療を開始することが重要です。
高齢者は特に注意が必要です。