腰椎分離症の症状について

腰椎分離症の症状について

通常、成長期の人々における腰痛で多いのは筋・筋膜性腰痛症です。
明らかな原因疾患が認められず、急激に腰痛を生じるものを総称して急性腰痛症といいますが、その中でも一番多くみられるのがこの筋・筋膜性腰痛症です。

筋・筋膜性腰痛症は主にスポーツ活動によって起こる腰の筋膜や筋肉の損傷による腰痛の一種ですが、スポーツだけではなく疲労も原因となります。
腰部筋肉の肉離れのようなものととらえて良いでしょう。

準備運動や整理運動の不足、運動のレベルなどにも原因はありますが、数日、運動から離れる程度で軽快するのがほとんどです。

また、腰椎椎間板ヘルニアは運動などできないほど激しい症状が出るため、安静にせざるを得ないのですが、腰椎分離症もしくは腰椎すべり症は、病気が問題というよりもその対処が難しいのです。

腰椎分離症・腰椎すべり症は、従来は先天的な骨の弱さが原因であると考えられていました。
しかし、スポーツ医学が進歩した現在では、分離は疲労骨折と考えられています。

腰椎分離症は、骨が未発達の段階の小学低学年から中学前半頃によく発症するのですが、症状が出ないか、または出ても軽い腰痛程度なので、放置されてしまうのです。

中学、高校時代になって腰痛が続くので病院に行って初めて腰椎分離症と診断される例がほとんどです。

スポーツに関係していない人でも、10%弱の人々に腰椎分離症の症状が見られるようです。その中で、腰椎分離症の症状がまったく出ない人もいるから不思議な腰痛ともいえます。

前述の筋・筋膜性腰痛症や腰椎椎間板ヘルニアなどは明らかに症状が出ますので、安静にする、又は病院で診断を受けるという行動をとるのですが、腰椎分離症の場合症状が出ない事もあり、放置されることが多いのです。

ともあれ、特にスポーツに熱中している少年期の子供が腰痛を訴えた場合には、軽度の腰痛であっても腰椎分離症もしくは腰椎すべり症を疑って、専門医にかかったほうがいいという事になります。