腰椎変性すべり症から腰部脊柱管狭窄症へ

腰椎変性すべり症から腰部脊柱管狭窄症へ

腰椎分離症や腰椎すべり症の症状で最も多いのは「腰痛」です。
たとえば長時間の立ち仕事やデスクワーク、また同じ姿勢を続けていたり重労働などで、腰の痛みが強くなります。

その痛みは激痛というものではなく、鈍くてドスーンとした重く気持ちの悪い痛みであり、体を後ろに反らせると痛みが増強します。
腰痛のみにとどまらず脚の痛みやしびれが出ることもあります。

腰椎変性すべり症は、腰椎骨を支えている椎間板、靭帯などが加齢変性することで椎骨の支えが弱くなり、椎骨が下の椎骨に対して主に前方に辷り出している疾患です。

腰椎分離からすべり症に発展する腰椎分離すべり症もありますが、腰椎変性すべり症ほど症例は多くありません。

腰椎がすべる事で脊柱管を狭窄するようになり、腰部脊柱管狭窄症の症状を呈するようになります。

腰部脊柱管狭窄症は、腰椎の脊柱管が狭くなる病態で、やはり加齢による変性が大きな原因となります。

脊柱管の中は重要な神経の束が通っており、脊柱管内が狭くなることで神経が圧迫されるようになります。

腰部脊柱管狭窄症は、生まれつき脊柱管が狭いことだともいわれますが、だからと云って必ず症状が出るわけではありません。

ただこの素因に加齢による変性や腰椎のすべりが加わって脊柱管の狭窄状態が起こると神経が圧迫されます。

どの神経が障害を受けるかによって症状も様々ですが、馬尾神経が障害を受けると症状は重篤な場合が多くなります。

特に、腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状が間欠性跛行です。
歩き始めの症状は強くないものの、しばらく歩くと脚が痛くなったり、しびれたり、こわばったりして歩くことができなくなります。

また、会陰部のほてり感や、排尿・排便に支障をきたすなどの神経症状を呈する場合も、馬尾神経が圧迫を受けているものです。

このように、腰椎すべり症は脊柱管狭窄症に発展し重症化することがありますので、激痛を伴わない腰痛であっても、初期の段階で治療を開始し重症化を防がなければなりません。