すべり症を含む腰痛の原因

すべり症を含む腰痛の原因

腰痛の原因として「腰椎すべり症」があります。
症状は、腰痛症のような痛みがあっても激痛を伴う痛みはあまりなく、たまに下肢に痛みやしびれが見られる程度です。

この腰椎すべり症は、椎体(椎骨のお腹側の部分)が直下の椎体に対して前方にすべっている状態をいいます。
原因として考えられるのは、疲労骨折などから起こる腰椎分離や、腰椎の分離が無くても椎間板や靭帯の老化で、椎骨が支えきれなくなることなどです。

腰椎の分離から起こる「腰椎分離すべり症」は、前かがみになった時に腰への突っ張り感や不安定感があります。

また、分離を伴わない「腰椎変性すべり症」は、長時間立っていると腰痛や臀部の痛み、下肢のしびれなどが現れてきます。

その他、先天的な形成異常によって起こる分離すべり症は、出っ尻のような姿勢になり、脊椎に異常な負荷がかかり、腰痛・下肢痛が起こるようになります。

一方、椎間関節性腰痛症は、腰椎の椎間関節が炎症をおこして痛みがおきる腰痛の症状のひとつで、慢性のものは中年以降に多く、急性のものは所謂ぎっくり腰のように激しい痛みに襲われることが多く、30代を中心に多くみられます。

さらに、根性腰痛症(坐骨神経痛)は、腰椎椎間板ヘルニアが原因の場合が多く、脊髄や、神経根 の圧迫によって発症し、お尻や脚への痛みがあります。

骨粗鬆症は、骨量が減少して骨がもろくなる病気で、閉経後の女性に多く、高齢になると男性にもふえてくるようになり、骨折しやすくなります。

背骨は骨粗鬆症による骨折の起こりやすい部位の一つで、主に椎体がつぶれるように折れる圧迫骨折をおこします。

骨粗鬆症による骨折は転倒などで急激に起こることもありますが、背骨の場合、徐々に潰れて変形し、高齢者の頑固な慢性腰痛の原因となっていることが少なくありません。