早期の治療で手術回避

早期の治療で手術回避

腰椎すべり症は、椎骨を構成する椎体部が、下の椎体に対して上の椎体が前にずれてしまう症状です。

多くの場合、加齢による脊椎の関節および靭帯の変性が原因で脊椎をまっすぐ支えられなくなって起こります。

脊柱管は背骨にある管で、椎骨にあいている椎孔という穴が並んでトンネル状になったものです。
この中には脊髄神経が走っていますが、腰椎のあたりから馬尾神経となります。
椎体がずれる事で、脊柱管は椎体によって狭窄されるようになり、中の馬尾神経が圧迫され、痛みが生じます。

馬尾神経が圧迫されると、腰痛をはじめ、歩行障害、下肢のしびれなどの神経症状が出るようになります。

腰が曲がっているお年寄りを見かけることがありますが、これは腰椎すべり症や骨粗しょう症が原因の圧迫骨折によって背骨が曲がったと考えられます。

腰椎すべり症では、痛みが激しい場合には湿布や鎮痛剤などが処方されます。
前傾姿勢でいると痛みが緩和されるので、痛みが出ない為の生活指導なども行われます。

それでも痛みが改善されない場合にはブロック注射が行われます。
ブロック注射は患部に直接麻酔薬やステロイド剤を注射して、痛みの信号が脳に伝わることをブロックするものです。

ブロック注射は1回で良くなることもありますが、通常は数回行われます。
これによって、多くの場合で痛みは緩和されてきます。

これらの治療でも痛みが良くならず、歩行障害や排泄障害が起きて日常生活が困難になった場合には手術をする事になります。
高齢者に多くみられる疾患なので、手術には相当の抵抗感があると思われます。

手術も根本的な解決方法でない事も多く、原因は加齢によることが多いので、また再発する可能性は十分にあります。

腰椎すべり症はぎっくり腰のような急激な激しい症状が無いため、「歳のせいによる腰痛」と片づけてしまい、治療が遅れがちになります。

早期に治療を開始していれば悪化を防ぐことができ、手術は回避されます。
「大したことない腰痛」でも、早めに整形外科を受診することが重要なのです。