腰椎すべり症の場合の処置

腰椎すべり症の場合の処置

腰椎すべり症には、腰椎骨の椎弓部分が疲労骨折などで分離し、それが原因で起こる「腰椎分離すべり症」もありますが、多くの場合で加齢が原因で起こる「変性すべり症」です。

すべり症の場合は、レントゲンの検査を行なうことで発見できます。
殆どの場合でなるべくならば手術をしないで、痛み止めの服用、コルセットの装着、筋力の強化などの保存療法で治療を進めていきます。

痛みが改善されない場合には、ブロック注射によって痛みの軽減を図りますが、それでも改善されず、悪化していくようであれば、最悪の場合は手術を検討することもあります。

保存治療の基本は安静で、安静にすることで薬物治療やコルセットなどの装具療法がより効果的になります。

薬物は疼痛に対して消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などを用い、神経の修復を助ける為に神経賦活薬や末梢循環改善薬なども用いることがあります。

腰部脊柱管狭窄症と似た症状が出る場合には、普通の鎮痛剤に加えて、血液の流れを良くするプロスタグランディン製剤を使うこともあり、これによって間欠跛行が改善したり、肢のしびれや痛みが取れることがあります。

一方、ホットパックなどの温熱療法は、温めることによって末梢部分の血液循環の改善をはかるために用いられます。

神経ブロック注射は患部周辺に局所麻酔薬を注射する事で、脳に伝わる痛みの信号をブロックするものです。

神経ブロックの初回は治療で行う事は勿論なのですが、他にも今起こっている痛みが腰部の神経障害によって引き起こされているものなのかを調べる、診断的な意味でも用いられています。

これは、他の腰痛を来す内臓疾患や、血管障害によって起こる閉塞性動脈硬化症が原因である場合には、神経ブロック注射では痛みは軽減されないという事です。

このような保存治療を行なって症状が改善しない場合には手術療法が行われます。
腰椎すべり症では、多くの場合ですべっている椎間の固定術を行ないます。
この場合、骨盤などの自分自身の骨を移植する場合と、人工骨を用いる場合、また、固定の補助として用いる金属製の器具を使う場合もあります。

手術の場合には、術後の状態も含めてよく説明を受けることがとても重要です。