腰椎分離症と筋肉

腰椎分離症と筋肉

成長期のスポーツ選手にみられる腰痛の原因として「腰椎分離症」があり、発生原因は疲労骨折であると考えられています。

腰椎分離症は、腰椎ならばどこでも起こる可能性はあるのですが、腰の下側の部分、骨盤に近い第5腰椎部分に多くみられるといわれています。
この部分が、過度の運動によって度重なるストレスを受け、徐々にひび割れてくるようになります。

中学生以下で発見が早い場合には、安静とコルセット装着などで分離部分の癒合が可能となり、後遺症は発生しません。

しかし、この腰椎分離症は激痛などのはっきりとした症状が無いため、医師の診断を受ける機会を逸してしまう事が多いのです。

高校生以上になると癒合は難しく、分離が原因ですべり症にならないように、また分離に伴う痛みが生じないようにしなければなりません。

腰に激しい痛みがある場合には安静にする必要がありますが、疼痛が軽減したら体幹のストレッチング、腹背筋訓練などの基本的運動を開始し、筋肉の強化をはかります。

腰椎分離症は野球やテニス、ゴルフ、バスケットボール、サッカー等、激しい身体のひねりや跳躍の伴うスポーツに多い障害で、腸腰筋・大腿筋膜張筋などの股関節屈筋群が柔軟性に欠ける事が発生の大きな要因として位置付けられています。

リハビリや予防の為には、腰椎周辺の諸筋肉のリラクゼーションを目的に、ハムストリングスのストレッチングや腹筋群の筋力強化、肥満の防止が重要な予防手段といえるでしょう。

脊柱を過度に動かすことなく筋肉を鍛えるようにしなければなりません。
自宅でできる運動として、
・腹筋の強化・・・仰向けで膝を曲げたまま「へそ」を見る程度に頭をもたげる運動
・背筋の強化にはうつぶせ姿勢で頭が10cm程度上がる程度に背中を反らせる運動
をそれぞれ10回程度毎日行う事で、筋力アップの効果が出てきます。

分離の原因として、仙腸関節が機能していなかったために腰椎に負担がかかり疲労骨折につながるという側面もありますので、整体などで前にずれ込んだ仙骨を後ろへ引き戻して重心バランスを改善する事も必要な場合があります。