腰椎分離症、腰椎すべり症と坐骨神経痛

腰椎分離症、腰椎すべり症と坐骨神経痛

臀部から足先にかけて痛みや痺れがあるので、坐骨神経痛を疑い病院で診察を受けたところ、腰椎分離症や腰椎すべり症が原因となっていると診断されることがあります。

腰椎が分離(疲労骨折)し、下の椎骨に対して分離した椎体が前方に辷り出すのが腰椎すべり症ですが、辷った椎体が坐骨神経を刺激することがあり、その場合に臀部から太もも裏側から足先にかけてピリピリしびれるような痛みを感じます。
ひどい場合は発熱したり、日常生活が困難になることもあります。

痛みがひどい場合には、まずは安静にしておきましょう。
痛みが緩和してきたら腰椎分離症や腰椎すべり症の治療にとりかかりますが、手術をするようなことは極稀で、治療は、薬物の服用、コルセットの装着などの保存療法が用いられることが多いようです。

原因となっている腰椎分離症や腰椎すべり症を治療しない限り、坐骨神経痛は改善されませんが、辷った椎骨を元に戻すには手術が必要となります。
手術は避けるためには、腰椎周辺の腹筋・背筋を鍛える事や血流の改善、体重増加防止など一般的な腰痛治療法で痛みを感じないようにします。

神経根圧迫による神経症状で、日常生活や仕事に支障が生じれば、神経の圧迫を除去する手術や腰椎を安定されるための固定術を行うことになります。