腰椎分離症で手術を要する場合

腰椎分離症で手術を要する場合

腰椎分離症は、スポーツ活動をしている若年層の児童・学生に多くみられるもので、腰椎後方の椎弓部の疲労骨折と考えられています。

しかし、たとえ椎弓部に疲労骨折があったとしても、全く痛みを生じない事があり、腰痛の原因を分離症と断定することには慎重になる必要があり、臨床症状やブロック注射の効果などで、総合的に判断することになります。

腰椎分離症の治療は、年齢が中学生以下で若く、またX線写真で疲労骨折を起こしたばかりだと判断された場合は、運動を中止し、約3ヶ月を目途にギブスや背屈防止のコルセットを用いて骨癒合を期待します。
その間X線写真を定期的に撮って骨癒合の状況を判断します。

分離部が既に離れていたり、骨癒合の可能性が少ないときもまずは手術をしないで、鎮痛剤やコルセットの装着、ストレッチなどの運動で筋肉強化を図るなどの保存療法を進めます。

しかし、症状が改善されず徐々に分離が拡がり、すべり症を起こしつつあるとX線写真で確認された場合には手術治療の適応となります。

手術の方法は、スポーツ選手の場合、できるだけ筋肉へ及ぶ影響が少なく、腰椎の動きが悪くならないような方法が望ましく、分離部のみの骨癒合を図る「分離部修復術」とよばれる手術方法が良いとされています。

分離部修復術はワイヤーやスクリューなどを使って分離部を接合するものですが、幾つかある手法のうち、「Segmental hook screw fixation」は、分離椎弓を直接強固に固定できるもので、固定力の作用方向が分離椎弓に沿っていて合理的なことなどから、背筋力の強い若年層の症例において推奨されています。

中・高生でこの方法で手術をしたスポーツ選手は、腰椎の可動性は全く損なわれていなかったという事です。

しかし、手術は最後の手段です。
日常的にスポーツを行なっている青少年は、普段から腹筋・背筋の鍛錬や、下肢を含め股関節周囲の柔軟性を養って、過度の負荷が腰椎にかからないようにしなければなりません。
予防に優る治療はありません。

また、指導者もトレーニングの方法や時間等を考慮し、適切に行う事が求められます。