脊椎分離症とは

脊椎分離症とは

腰椎の椎弓の上下関節突起部分が断裂した状態です。
椎骨を形成する椎体の後方にある突起部が疲労骨折、または事故などで分離を生じるもので、一番下の第五腰椎に起こることがほとんどです。

10歳台前半の比較的若い世代に激しいスポーツを行った人にも多く見られます。
はっきりとした症状が無い事が多く気づくことなく、壮年期になってレントゲンを撮ってたまたま発見されることもあります。

分離した腰椎と、そのすぐ上の腰椎の連結がなくなって不安定になると、周辺のじん帯や筋肉に異常な負荷がかかるようになり、長時間同じ姿勢で立っている時、座っている時、歩行時などには負担が集中して痛みが生じることがあります。

また腰椎の間隔が狭まり、椎骨間にある椎間板を圧迫するようになると椎間板ヘルニアになることもあります。

分離が原因で椎骨が下の椎骨に対して前方にすべる事があり、そのすべりがひどくなると脊髄神経が圧迫されて座骨神経痛を引き起こすこともあります。

症状としては、腰の痛みは単に重だるいものから、身動きもできないほどの激痛まで様々で、がんこな腰痛が何日も続いたり下肢に痺れを生じる事もあります。

治療法は、痛み緩和の為の薬の内服、また座薬、コルセットの装着などで、頑固な痛みに対してはブロック注射で対応する事もあります。
急性期の痛みに対しては冷湿布を使用する事もあります。

症状がおさまったら、腹筋背筋をバランスよく鍛え、腰椎へのサポート力を強化しかかる負担の軽減を図ります。

どうしても激痛があり生活に支障がある場合には、すべっている脊椎を固定する手術を行います。