「腰椎すべり症」の症状と似た疾患

「腰椎すべり症」の症状と似た疾患

腰痛の原因には色々な疾患があり、「腰椎すべり症」とよく似た症状を発する腰痛もありますので、詳しくは専門医の診察、検査が必要です。

「腰椎すべり症」とは、椎骨の前側部分の椎体が直下の椎体に対して前方に辷り出している状態をいいます。

症状は腰痛症のような鈍痛がありますが、ぎっくり腰のような激痛ではなく、何となくの違和感があるが我慢できる痛みで、たまに下肢に痛みやしびれが見られる程度です。

腰椎すべり症には、若い時期に激しいスポーツなどで腰部を酷使し、腰椎骨を構成する椎弓のもっとも細くなっている部分が分離してしまう「腰椎分離症」が原因ですべりを生じる場合があります。

これを「腰椎分離すべり症」といいますが、前屈姿勢で、腰への突っ張り感や不安定さを感じる場合は、「腰椎分離すべり症」の疑いがあります。

しかし、多くの場合は、腰椎を支える「筋肉」「靭帯」「椎間板」等の組織が、加齢や生活習慣の悪さが原因となって、その「柔軟性」「強度」などを徐々に失っていく「腰椎変性すべり症」です。

「腰椎変性すべり症」の場合は、長時間立っていると腰痛、臀部の痛み、下肢のしびれなどが起こってきます。

また、「形成不全性すべり症」といって先天的に脊椎の発育に問題があるために起こる場合には、出っ尻のような姿勢になり、腰痛・下肢痛などの症状が現れます。

「慢性の椎間関節性腰痛症」でも、同じような腰痛の症状があります。

椎間関節性腰痛とは、腰痛の原因が椎間関節にあるものの症状名で、 一般には、重いものを持ち上げたり、急に体を捻ったりすることで、ぎっくり腰と言われる緊急性の腰痛になり、「すべり症」の症状とは違ってきます。

「関節包」や「勒帯」が損傷し、痛みを伴う炎症が知覚神経を刺激するために、腰部に激痛がはしり、ぎっくり腰となるのです。

こういった腰痛が繰り返すと、関節部周辺には「瘢痕組織」が形成され、このために関節が柔軟性を失い、動きが緩慢になることから、「慢性的な椎間関節性腰痛」に至るのです。

これは中高年に多い腰の痛みで、朝は腰痛で起き上がることも困難になるけれど、一旦起きて体を動かすうちに痛みをあまり感じなくなる、という特徴があります。

その他、椎間板ヘルニアの一つで、ヘルニアが椎体内で上下方向に脱出して起こる「シュモール結節」があります。

子供や若い人などでも激しいスポーツや外傷で機械的なストレスを繰り返すと椎間板の中の髄核が上下に突き抜け、シュモール結節となります。

椎間内での障害のため神経根を圧迫しない事が多く、多く激痛は伴いませんが、鈍い腰痛を起こすことがあります。