腰椎すべり症

腰椎すべり症

椎骨は、腹側の丸い部分が椎体で、背中側には椎弓や関節突起があり、空間を挟んで繋がっています。

腰椎は5個あるのですが、主に第4と第5椎骨で上下の椎体が前後にずれるものを腰椎すべり症といいます。

腰椎すべり症には、椎弓が疲労骨折などで分離して起こる場合もありますが、多くは椎骨間にある椎間板や、椎骨を繋ぐ靭帯の老化が原因となる腰椎変性すべり症です。

腰椎変性すべり症では椎弓関節の痛みである腰痛と坐骨神経の圧迫による坐骨神経痛の両方が現れる場合があります。

この坐骨神経痛は左右どちらかにあらわれる場合と、両方に現れる場合があります。
悪化して重症化すると排泄障害を起こす事もあります。

病院の診察では、主にレントゲン検査で「椎骨のすべり」を確認することができますが、更に詳しい情報が必要な場合にはMRI検査を行います。

治療は神経の圧迫程度によりますが、軽い場合は鎮痛消炎剤の服用で周囲組織の浮腫(むくみ)が減少すれば症状は軽快します。
コルセットにより腰椎を保護する事もあります。

圧迫が強くて、薬の服用などでは坐骨神経症状が改善されない時には硬膜外ブロックをします。
これは、患部周辺に麻酔薬を注射して、痛みの信号が脳に伝わらないようにブロックするものです。

それでも軽快しない場合は稀に手術となります。
手術は一般的には神経を圧迫している背中側の椎弓を切除するもので、通常この時に椎体の固定術も行います。また椎体そのものを固定してしまう方法もあります。