疲労骨折とは

疲労骨折とは

腰椎分離症は、骨がまだ発達段階にある中学生以下の若年層が、スポーツを一生懸命行なう事などで腰椎骨に疲労骨折を起こす事が主な原因といわれています。

疲労骨折は骨の表面にできる細かいひびで、通常より強く長時間のトレーニングをくり返すとおこります。 

一度では骨折に至らない程度の力が、骨の同一部位に繰り返し加わることにより発生する骨折で、スポーツにおいては、跳躍や長時間の疾走などを繰り返し行うことで起こるとされ、発生頻度は陸上、サッカー、野球、バスケットボールなどが上位を占めています。

外から加わる力で出来る小さなひびが、回復しないうちに同じ場所に繰り返してたくさんのひび割れが発生すると、結果的に大きいひび(=骨折)になってしまうもので、疲労骨折は、レントゲン写真でもわかりにくい事があります。

疲労骨折の痛みは、一般的に運動時の痛みですが、安静時にも不快感を感じることがあります。
外傷性骨折の様に、激痛に見舞われることが殆ど無いので運動を続けてしまうことが多く、放置されやすくなります。

腰椎に発生する疲労骨折は、器械体操やテニス、ゴルフ、ウエイトリフティングのように、腰に捻りや大きな力が加わるスポーツ選手に多くみられます。

腰椎分離症の場合、他の部位に起こった疲労骨折よりも骨癒合しにくいため、コルセット装着が必要になります。
中学生以下の子供で、スポーツを熱心に行なっている方が、腰を反らすと痛いという症状が続く時は腰椎分離症の疑いがあります。

スポーツやトレーニングも、疲労回復しないままやり続けると、かえって逆効果になるということで、子供たちにも準備運動や整理運動の重要性を伝える事が大切です。

疲労骨折は骨塩量の減少も原因の一つと考えられています。
特に女性のランナーは、月経異常があると骨塩量が減少するため疲労骨折が発生しやすいとされています。

しかしながら、疲労骨折を発生させる一番の原因は、やはりトレーニングの誤りで、走行距離・運動時間・運動強度・スピードなど運動量にも十分な注意が必要です。

休息を上手く取ることも必要不可欠な事で、指導者にも疲労骨折に関する十分な知識が必要となります。