腰椎変性すべり症

腰椎変性すべり症

腰椎すべり症とは推骨が主に前方に(後方にずれる場合も稀にある)ずれた状態で,腰椎変性すべり症と腰椎分離すべり症があます。

腰椎分離すべり症は、疲労骨折などで椎骨に亀裂が入りそれが原因ですべり症に発展したもので、腰椎変性すべり症は加齢による椎間板や椎間関節、靭帯などの弱体化により支えを失った椎骨がずれるものをいいます。

両者ともに腰椎の変性がベースにあります。

この病気では腰部脊柱管狭窄症と同じような症状が出ます。
腰痛が主な症状ですが,坐骨神経痛や間欠性跛行の症状が現われることがあります。

間欠性跛行とは、少ない距離なら歩けるのですが、立ったり・歩いたりしているとお尻や太ももの部分が痛くなって、歩けなくなるものの、少ししゃがんで休めば楽になって、また歩けるというものです。
歩ける距離は日によって違うことがあります。

激しい運動や作業後に腰部や殿部に重苦しくだるいような不快な痛みが現われるのですが,安静にしていると、多くの場合で痛みは軽減します。

脊椎には脊柱管があり、その中には硬膜に覆われた脊髄神経が走っています。
腰椎あたりからは脊髄神経は馬尾神経となります。

「すべり症」はずれた腰椎骨が脊柱管を狭くして、馬尾神経や神経根を圧迫してしまう状態をいいます。

腰椎の「ずれ」についてはX線検査で腰椎を前後に曲げた状態での撮影で、よりはっきり診断がつきます。
必要な場合にはMRIによって神経の圧迫の程度を調べます。

予防は腹筋を常に意識して使うこと、腰痛が出た時には腰を動かしてストレッチすることなど、一般的な「腰痛」の予防法と同じになります。

変性すべり症の場合は老化が原因ですから、防ぎようはないのですが、カルシウム、ビタミンB群などの栄養分をしっかり取るようにする事や、自分に合った適当な運動を継続的に行なう事が大切です。

お薬や腰椎の牽引・温熱、硬膜外注射などを行っても症状が改善せず、歩行や立っていることが制限されて日常生活に支障が出てくれば手術的治療を検討します。

しかし、腰椎変性すべり症で手術をする事は、極めて稀です。