腰椎すべり症の種類

腰椎すべり症の種類

腰椎すべり症は、椎骨の腹側の部分である椎体が直下の椎体に対して前方にすべっている状態のことで椎間板や靭帯の老化、また腰椎骨の椎弓部が分離(疲労骨折)することによって起こるのが原因とされています。

腰椎すべり症は腰痛症のような鈍く、だるいような痛みがあるものの、激痛が伴うような痛みはあまりありません。
しかし、稀に下肢に痛みやしびれが感じることがあります。

【腰椎分離すべり症】

腰椎骨の後方部分、椎間関節のついているところを椎弓といいます。
椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」といいます。

分離があり、後方部分の支持性がなくなったために椎体が前方にずれてくるものを「分離すべり症」と呼びます
身体を前屈した時に腰への突っ張り感や不安定感を感じることがあります。

【腰椎変性すべり症】

椎骨に分離が無く、加齢によって椎間板や椎間関節の変性が進み脊椎が緩んだ状態になり、第4腰椎の下関節突起部分が第5腰椎の上関節突起部分を少し乗り越えて前にずれることを「腰椎変性すべり症」といいます。

ずれた椎骨が脊柱管を狭窄することがあり、腰痛や下肢痛、痺れなどの症状が出ます。
腰椎変性すべり症は女性の高齢者に好発し,腰痛が主な症状ですが,坐骨神経痛や間欠性跛行の症状が現われることがあります。
また、長時間立っていると、腰痛や臀部の痛み、下肢のしびれが出るようになります。

【形成不全すべり症】

生まれつき脊椎の発育に問題があるために椎骨にズレを生じるものですが、非常にまれです。比較的若いうちから症状が出てくることがあります。
形成異常による出っ尻のような姿勢になったり、腰痛・下肢痛などが起こることもあります。

その他、外傷で骨折が生じ、腰椎がすべり出す、「外傷性腰椎すべり症」や悪性の腫瘍や感染で生じる「病的脊椎すべり症」などもあります。