腰椎分離症・すべり症の概要

腰椎分離症・すべり症の概要

腰椎分離症は、椎骨に亀裂が入り不安定になり腰痛などの症状を発症する疾患で、特に上体からの重みが最も加わる第5腰椎に起こりやすくなっています。

椎骨は前側(腹側)にある椎体と後方(背中側)にある突起群で構成されています。

突起群のうち、上関節突起と下関節突起との間には椎間関節突起間部と呼ばれる構造的にやや脆弱な部位があります。

10歳代の青少年が激しいスポーツを行うと、腰椎の関節突起間部に過度の負荷がかかり、未発達の骨に亀裂を生じ、これを繰り返していると遂には完全に上関節突起と下関節突起とが分離してしまいます。これを腰椎分離症といいます。

椎骨は本来、椎体と椎弓と突起群とが椎弓根で強固に繋がっていますが、分離を生じると
椎骨は前方部分の椎体、上関節突起、横突起と、後方部分の椎弓、下関節突起、棘突起とに分れてしまうため不安定性になってしまいます。

腰椎全体は前弯を呈しており分離が生じた場合には、その不安定さの為に椎間板も影響を受け、変性し形を変えていきます。
さらに不安定になった椎体が、後方部分を置去りにして前方へすべるようになるのです。

若い頃スポーツなどを熱心に行なっていて腰椎分離症を起こしたのだけれども、激しい痛みが無かったため気づくことなく放置し、後年になって(中年以降)何かの為にレントゲンを撮ったら、たまたま分離症が見つかったというケースがあります。

このように若い時に起こしていた分離症が原因ですべり症になる物を、腰椎分離すべり症と言い、中年以降の男性に多く見られます。

その他のすべり症として、椎間板が変性し通常の厚みが無くなり、上下の椎体の並びに
ずれを生じることがあり、これを腰椎変性すべり症といいます。

これは中年以降の女性の第4腰椎に多くみられ、腰部脊柱管狭窄症の一因となる疾患です。

分離が生じると、これを修復しようとする生体反応がおこり、分離部には肥厚した骨や線維性組織が形成され、これらの組織が神経根を圧迫すると、下肢痛やしびれのある坐骨神経痛の症状を呈します。

特に、腰を後に曲げると分離部に圧迫が加わるため、痛みが増強します。
これは脊柱管狭窄症の特徴でもあります。