腰椎分離症を病院で治療

腰椎分離症を病院で治療

腰椎分離症を病院で治療する場合(西洋医学)は。殆どの場合で保存治療が行われます。
保存治療は、装具療法、薬物療法、理学療法、ブロック治療などがあります。

腰椎分離症は腰椎骨の一部が主に疲労骨折の為に連続性が断たれているもので、保存治療の基本は安静です。

コルセットを装着して動きを制限することもありますが、筋肉の弱体化につながりますので常時の使用は避けなければなりません。

腰痛がある場合には、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を用い痛みの軽減を図ります。
下肢に痛みや痺れが生じている場合などには、神経の修復を助けるために神経賦活薬や末梢循環改善薬なども用います。  
腰部を温めることで末梢の血流よくなり疼痛が改善するので、温熱療法も用います。

症状が軽い場合にはこれらの療法である程度改善されていくのですが、稀に症状が改善されずない事があります。
その場合には神経ブロックを行います。

神経ブロックは患部に直接麻酔薬を注射するもので、痛みの信号が脳に伝達されることをブロック(遮断)するためのものです。

このブロック注射は、初回は治療的な意味もあるのですが、今の痛みが腰の神経が圧迫されて生じていることからくる痛みか、或いはその他の内科的な病気が原因で痛みを生じているのか、の鑑別をする為の判断材料としても用いられます。

ブロック注射で疼痛が改善されるようであれば、この痛みは神経由来の痛みであり、ブロック注射によっても痛みが軽減しない場合には、腰痛を来す内臓疾患を疑います。

これらの保存療法で痛みが改善されない場合には手術という事になりますが、これは極めて稀です。

激しい運動を避け、ストレッチなどで特に腰部の筋肉を強化することで痛みを感じなくなります。
分離が原因ですべり症になる事もありますので、これを避けるためにも腰部の筋力アップはとても重要なのです。