腰椎すべり症、再発防止に心掛ける事

腰椎すべり症、再発防止に心掛ける事

腰椎すべり症には、加齢による骨格や椎間板、靭帯などの変性が原因で起こる「変性すべり症」と、椎骨の後部である椎弓が分離することで不安定になり発症する「分離すべり症」があります。

どちらも、手術に至ることは稀で、保存療法で治療されることが殆どでが、一度症状が軽快しても再発する場合があります。
かといって手術すれば再発はしないというものでもないのです。

分離すべり症は、固定術まで行えば再発の可能性が低くなることは確かです。
しかし、手術前と同じような生活習慣を繰り返していると、再発は充分に考えられます。

変性すべり症においても、組織の変性は日々進んでいるもので、手術で完治したとしても又他の部位で発症する事も考えられ、その場合には診断名が脊柱管狭窄症となることも考えられます。

このような腰痛症となる原因疾患は、日常の生活態度が大きく関わっていますので、症状が軽快してもその後の生活で再発のリスクを抑えられるように注意しなければなりません。

注意点を挙げてみますと、一つに筋肉強化があります。
これは、治療中に担当医からいわれてリハビリとして行なってきたはずですが、症状が落ち着いたあとも継続するこが大事です。

筋肉が疲弊していると、体重や体にかかる殆どの負荷を骨格(腰椎)で支えることになり、腰椎の負担は極めて大きくなります。

極端に云うと、骨格が無くても筋肉のみで上体を支えられるくらいの筋力がある事が望ましいのです。

高齢者の場合ハードな運動は、かえって腰痛を再発・悪化させてしまいます。
出来ればプールでのアクアスポーツが良いのですが、無理であればウォーキングで十分です。
意識して何時もより少しスピードを上げて歩くことを心がけて下さい。但し、無理は禁物です。

そして、できるようであれば、インナーマッスルを鍛えるようにしましょう。
これは、医師や理学療法士の指導で無理の無いように行なって下さい。

また、腰痛に大きく関わっているのが体重です。
いわゆる肥満気味の方は体重を減らす努力が必要となります。
上体の体重を常に支えている腰椎の椎間板は、変性が他の部位よりも早く、そのスピードは体重が重い人ほど早くなります。

減量は腰痛症の為でもありますが、成人病などを予防する為にも必要なことですから、肥満気味の方は是非挑戦して下さい
ただしカルシウムなどの必要な栄養が不足しないように十分注意する必要があります。