腰椎すべり症の痛みの原因は・・・

腰椎すべり症の痛みの原因は・・・

腰椎すべり症は、先天的に背骨の発育に問題のある形成不全型の腰椎すべり症、椎間板や靭帯、椎骨などの変性による変性すべり症、若い頃にハードなスポーツをしていたことが原因で腰椎分離症になり、分離部が癒合しないまま成長して、それが原因で後年にすべり症となる分離すべり症があります。

形成不全型の腰椎すべり症はごく稀で、殆どが変性すべり症か分離すべり症です。

ただし分離症の方がみんな分離すべり症になるわけではなく、厳密に言うと、椎弓の疲労骨折は引き金になることはあるが、直接的な原因となるわけではないと云えます。

つまり、変性すべり症も、分離すべり症も、長年の生活における習慣や仕事の中で、腰への負担が積み重なったことが原因で、腰椎が辷ると考えて良いでしょう。

さらに、近年の調査では、画像検査によって椎骨が辷っていることが確認されても、痛みやしびれといった自覚症状がほとんど現れない方多いといいます。

この状況を考えると、椎骨にすべりがあることが、腰痛や下肢の痺れなどの原因ではないのではないかと考えてしまいます。

人が痛みを感じるときは、痛みを伝える神経伝達物質が放出され、脳に伝わって痛みを認識します。
神経伝達物質が放出されなければ痛みを感じないという事になり、同じ腰痛の原因を抱えていても痛みの感じ方は違ってくるはずです。
全く痛みを感じないという人がいても不思議ではないという事になります。

重大な障害が腰椎に起きていなければ、大方の腰痛は自然治癒するものなので、欧米ではこの痛みの原因、つまり神経伝達物質が放出される原因はストレスではないかと言われています。

腰椎すべり症を手術で治療するケースは稀なわけで、病院で指示されていることを守りながら、生活していく中で心理的なストレスはないかを冷静に考えてみて下さい。

ストレスの原因と考えられることがあれば、できるだけその原因を取り除いてみる努力をすることも大事だといえるでしょう。

腰椎すべり症になり、痛みが出たという事は、生活上のストレスを解消する為に、自分自身を開放してみなさいというサジェスチョンなのかもわかりません。

実際に長年ひどい腰痛に悩まされてきた方が、ペットを飼い始めるとペットのために何かしたいという気持ちから、治療に対する姿勢も前向きになり、腰痛が改善され、日常生活動作に困らなくなったという話があります。

生活上のストレスが腰痛の原因となり、その腰痛でまたストレスが生まれるという事の無いよう、不安や悩みを慢性的に抱えているとしたら、その改善にも目を向けてみる必要があるのではないでしょうか。