腰椎すべり症に整体効果はあるのか

腰椎すべり症に整体効果はあるのか

腰痛に悩まされている時、整体やカイロプラクティクなどで治療する方も多いと思います。

腰痛には色々な原因があり、治療する場合には原因の特定が必要且つ重要になり、診断には正確な病状を把握することが欠かせません。

したがって、最初はレントゲンやMRI検査ができる病院の整形外科で診察を受けることが一般的です。
原因が特定できて、手術を必要としない場合は、急性期の痛みや炎症が落ち着くと、その後には整体やカイロプラクティクでの治療に切り替える方も少なくありません。

腰椎すべり症は、椎骨がずれる疾患で、ずれによって痛みが生じていると考えられがちですが、レントゲンなどの画像診断で椎骨に辷りがあったとしても、痛みを感じない場合も少なくありません。

という事は、痛みが骨に起因するものばかりではないという事になります。
腰痛は基本的に筋肉疲労が原因となり、骨を支えている筋肉に問題があることから、様々な腰痛が生じているわけです。

辷った腰椎を整体で元の位置に戻すことはできませんが、整体施術で筋肉へ働きかける事で腰椎すべり症による痛みが軽快し、日常生活に支障のない状態に戻れる事もあるのです。

整形外科の治療においても、腰痛症の治療が保存療法で行われ、結果的に快方に向かうのは、骨ではなく筋肉の状態が正常になったことで痛みから開放されたことを示していると云えると思います。

もしそうでなければ、腰痛の痛みやしびれは、外科手術でしか取り除くことができないということになるはずです。

しかし、整体師は国家資格を必要としていない為、整体による症状の改善を「治療」と称することはできません。
また、手技であるためその技量には個人差があります。
僅かな経験のみで開業しているところもあり、見極めがとても重要になります。

整体は、前述のように「治療」ではありません。
施術者の手足を使った手技で体を整え、体幹から四肢への脈絡の流れを良くし、脈絡改善によって各症状の改善を期待する「健康法」なのです。

それでも整体施術を利用する方がいらっしゃるのは、自分の体には効果があると実感しているからです。
医療行為ではない整体を利用するということは、自己責任です。
この点をしっかりわきまえて、病院での治療とは全く別物であることを良く理解した上で選択をしなければなりません。