腰椎すべり症の種類と原因

腰椎すべり症の種類と原因

腰椎は脊柱下部で第1腰椎から第5腰椎まで5個あり、通常は正面から見ても横から見てもきれいに並んでいます。

これらは簡単にずれたりしないように強固な靭帯などで繋がっていますが、背骨にある椎間関節が壊れてしまったり、椎間板の変性などによって椎骨がずれてしまうことがあり、これをすべり症と言います。

すべり症には、骨が後にずれてしまう「後方すべり」と、前にずれてしまう「前方すべり」がありますが、腰椎が緩やかに前方に湾曲していることから、ほとんどは「前方すべり」となるようです。

すべり症にはその原因による種類があります。

形成不全性すべり症・・・先天的に脊椎の発育に問題がある事が原因ですが、これは極めて稀で、他のすべり症とは違い比較的若いうちから発症することがあります。

分離すべり症・・・腰椎の分離が原因でずれてしまうものです。
腰椎骨の後方部、椎弓の一部である上下の関節突起のちょうど間の部分が疲労骨折などで連続性が絶たれ、椎弓と椎骨の前側部である椎体が離れ離れになった状態です。

これにより、椎体が前方へすべり、椎弓は後ろに残ったままの状態になるのが分離すべり症です。 
分離すべり症は、第5腰椎に多くみられるのが特徴です。

分離症は少年期に激しい運動をする事などが原因で起こる疲労骨折といわれており、日本人の5~7%くらいにあるようです。

分離があるからといって全ての人がすべり症になるわけではなく、横突起の大きさや靭帯の幅などの特徴によって、すべりやすい人とそうでない人がいると言われています。

変性すべり症・・・すべり症の中で最も患者数が多く、実際に手術を必要とする場合が多いのも、この変性すべり症です。
変性すべり症は第4腰椎が多く、次に第5腰椎、第3腰椎に見られます。

加齢による骨の弱体化が原因といわれ女性に多く、閉経後(50~60歳くらい)にかけて多く発症します。
これは女性ホルモンの減少による骨粗しょう症の進行が原因ではないかと考えられています。

また、椎間関節の傾きが、前方にすべりやすい形をしているので、骨が脆くなった場合にそれまで支えられていた骨では支えられなくなって、すべりが起こるのではないかといわれていますが、詳しい原因はよく解っていません。