腰椎すべり症と脊柱管狭窄症

腰椎すべり症と脊柱管狭窄症

腰椎すべり症は、腰椎骨が下位の椎骨に対して前方にすべりだすことで腰痛などの症状が出るものです。

すべった椎体が腰部の脊柱管を狭窄し、それが原因で脊柱管の中を通っている神経が圧迫され、腰痛などの痛みを生じる事があり、腰椎すべり症と脊柱管狭窄症は深い関係にあるといえます。

脊柱管狭窄症は先天的に脊柱管が狭い事が原因となっていることもあり、どんな年代でもかかりやすい疾患といわれていますが、特に加齢変性が進む50代以降に多くなっています。

脊柱管狭窄症の症状の特徴として間欠性跛行があります。
これは歩いていると下肢に痛みや痺れがでて、歩く事が出来なくなります。
しかし、しばらく休むと再び歩く事ができるようになるので、「歳のせいだ」という認識で放置してしまう事が多いのです。

脊柱管狭窄症という病名すら知らないと、気づかない場合が多々あるようです。

腰椎すべり症は、若い頃スポーツなどを一生懸命に行なっていた人が、腰椎分離(疲労骨折)を起こしそのまま放置していたため、分離部から前方の椎体が辷る場合と、加齢変性に因る椎骨や椎間板、靭帯などの弱体化から起こる場合とがあります。

すべり症が脊柱管狭窄症に発展することは多々あり、そうならない為には腰椎すべり症の治療を早く行なう事が大切になります。

腰椎すべり症の痛みはぎっくり腰などのように激痛ではなく、何となくだるい、重苦しいといった、云わば我慢できる痛みなので、つい放置してしまいます。

しかし、この事が後になって脊柱管を狭窄し、馬尾神経を圧迫するようになると、歩行困難に加えて、排泄障害など引き起こし日常の生活が辛いものとなります。

腰椎すべり症と脊柱管狭窄症は切っても切り離せない関係にありますので、何だか重苦しい腰痛がある・・・と感じた時にはためらわず診察を受けるようにして下さい。

単なる筋肉痛からくる腰痛は2~3日で良くなりますが、ちょっとした痛みが続く場合には「何か原因がある」と思い、医師の診断を仰ぎましょう。

早期発見・早期治療に勝る特効薬はありません。