腰椎分離症でのコルセット治療

腰椎分離症でのコルセット治療

腰椎分離症は、腰椎の後方にある椎弓に亀裂が生じ連続性が絶たれた状態のことをいいます。

成長過程で、骨の成長が未完成の場合に激しいスポーツなどで繰り返し腰に負担をかけたことが原因で起こる疲労骨折で、成長期のスポーツ児童や選手に多く見られる症状です。

また、運動時にかかった負荷によって骨の成長が阻害されたり、骨端線が分離したまま骨化して分離症になるケースもあります。

腰椎分離症は完全に分離していればレントゲン検査でも簡単に確認できますが、MRI検査では更に詳しく確認することができます。

腰痛などの自覚症状が全くないため、分離に気づかずそのままスポーツを続けているケースも非常に多く、何かの要件でたまたまレントゲンを撮って分離に気づく事もあるようです。

特にプロスポーツ選手などは、症状が無いため検査をして腰椎分離症が認められても、即、競技続行不能というわけではありません。

ただし成長期の子どもに腰椎分離症が見つかった場合は、治療をしておかなければ後年に分離症からすべり症に進行する可能性があるので、骨癒合が可能な時期に治療をしておく必要があります。

腰椎分離症の治療は、まず痛みがある場合には鎮痛剤が投与され、一定期間スポーツを中止するように指導されます。
患部を固定する為に専用のコルセットを使用する場合もあります。

分離症で固定の為に使用されるコルセットは、オーダーメイドのものが多く、金額も数万円と高額です。

医療用装具としてのコルセットは、保険の適用範囲内ですが、患者側が一旦コルセット代金を全額支払い、後に保険適用分のお金が戻ってくるという流れになります。

コルセットの代金は、装具販売業者に相談すれば大抵は分割支払が可能ですから、事前に確認しておくとよいと思います。

オーダーメイドの分離症のコルセットは、長期間装着していても背筋や腹筋の筋力が極端に落ちないようなつくりになっています。
しかし、やはり長期間コルセットをつけたままでは、筋肉が細くなり、腰椎を守る筋肉の弱体化は否めません

固定療法の期間が終了したら、筋力強化を図っていかなければなりませんが、いきなりハードな筋トレなどを行うと、筋肉に障害が及んで再び腰痛を悪化させてしまうことになります。

コルセットを外してスポーツ復帰する段階では、医師や指導者の指示に従い、きちんとしたリハビリメニューに基づいて行うようにしましょう。