腰椎分離症と早期発見・早期治療の重要性

腰椎分離症と早期発見・早期治療の重要性

腰椎分離症は、腰椎の後部にある「椎弓」という部位に起こる疲労骨折です。
腰椎分離症は全年齢で起こり得る可能性があるのですが、特に成長期の子供で激しいスポーツを一生懸命行なっている場合に起こることが多くなっています。

このような成長期に起こる分離症を、「思春期脊椎分離症」という名称で、一般の腰椎分離症と区分けされることもあるほど、成長期・思春期に多い腰痛症です。

腰椎分離症は、分離後間もない初期の段階で発見し、スポーツを一旦禁止して腰椎分離症用のコルセット装着をする事で、疲労骨折を起こした椎弓部分の骨癒合の可能性が期待できます。

しかし、若い方の腰椎分離症の多くが必ずしも骨癒合できるというものでなくて、腰椎分離症の発見が遅く進行期や終末期にようやく治療に臨んだという場合は、骨癒合の可能性は、かなり少なくなります。
このような場合には骨癒合を目指すのではなく、痛みを取り除き、且つスポーツ復帰に向けた治療を優先させることもあります。

発育期の腰椎分離症では、発見や治療開始が早ければ早いほど骨癒合の可能性が高くなりますので、お子様が比較的ハードなスポーツを日常的に行なっている場合は、お子様が少しでも腰の痛みを訴えた場合には、整形外科を受診するようにして下さい。
痛みを訴えていない場合でも、定期的にレントゲンを撮るなどして注意した方が良いと思います。

成長期の骨には成長軟骨層がありますが、成長を終了している大人の骨にはありません。
成長軟骨層は、上肢や下肢においては、骨の端部や関節の近くに存在し、背骨においては、それぞれの椎体の上下面にあります。

この成長軟骨層が小学校の高学年ぐらいから骨化し始め、中学生から高校生の時期にかけて骨化した成長軟骨層は椎体と癒合することで消失してしまい、骨の発育が完了します。

子供によって骨の発育の完了のスピードはまちまちですが、早い子供だと中学生で骨の発育が完了してしまうほど、早いペースで進むことがあります。

腰椎分離症を発症はしていても痛みを感じなかったり、痛みがひどくないという理由で放置し、その間にあっという間に成長軟骨層の骨化が進み、疲労骨折した椎弓部分の癒合が期待できない状態になっていることがあるのです。

ある調査においては、初期では8割以上の骨癒合が見られ、進行期でも7割弱の骨癒合が見られるのですが、終末期においては全く骨癒合が見られないという結果があります。

このように、腰椎分離症においては、いかに早く受診して骨癒合に向けた治療を行う事が大事かよく解ると思います。

しかし、仮に分離症が骨癒合しなくても、正しい治療と筋力強化を中心としたリハビリを行えば、日常生活は普通に送れるようになりますし、スポーツにも復帰できます。