腰椎分離症、腰椎すべり症の概要

腰椎分離症、腰椎すべり症の概要

【腰椎分離症】

腰椎の椎間板のついている前方部分を椎体、後方の椎間関節のついている部分を椎弓と呼び、椎体と椎弓の間には椎弓根があります。
椎弓のもっとも細くなっている部分で亀裂を生じ、連続性が絶たれて椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」といい、主に第4、第5腰椎で多く起こっています。

原因は、先天性のものと後天性のものがあります。
先天性は生まれつき分離がある場合や、また分離以外にも椎体や椎弓の形態異常が認められる事があり、これが高度なすべり症に繋がる可能性がありますので注意を要します。

多くの原因が後天性のもので、骨が未発達の子どものころにスポーツをする事などで繰り返し負荷がかかり、疲労骨折を起こしたものと考えられています。
しかし、スポーツは原因の一つであり、体質的な要素も十分考えられます。

最も多い症状は腰痛です。
少年期のスポーツ活動で腰痛が現れた場合は、分離症を疑ってみることが必要です。

成人の場合、同じ姿勢を続けたり、長時間の立ち仕事や重労働のあとに鈍く重い痛みが強く、また体を後ろに反らせると痛みが強くなります。

【腰椎すべり症】

腰椎すべり症は上の椎骨が下の椎骨に対して主に前にずれている状態の事をいいます。

腰椎分離症で、後方部分の支持性がなくなって、前側の椎体が前方にずれてくるものを「分離すべり症」といい、腰痛がクセになってしまったり、あるいは腰痛と下肢痛が慢性化することがよくあります。

椎骨に分離はないものの、骨や椎間板、靭帯などの変性が原因で辷りだしたものを「変性すべり症」といいます。

腰部脊柱管狭窄症の原因となることがあります。
中年以降の女性に多く発症し第4番目の腰椎によく認められます

変性すべり症の場合は腰痛や下肢痛も起こりますが、脊柱管全体が狭くなるため馬尾神経を圧迫することがあり、症状が重くなることがあります。

時に、脊柱管狭窄症の特徴でもある間欠性跛行の症状が現れることがあります。
じっと立っていたり歩いていると下肢痛やしびれ感におそわれ立っていることも歩くこともできなくなり、しばらく休むと痛みが和らいでまた歩けるようになるという間欠性跛行と呼ばれる典型的な症状がでてくるようになります。