腰椎分離症・腰椎すべり症の主な症状

腰椎分離症・腰椎すべり症の主な症状

腰椎分離症は、椎骨の背中側の部位で、やや脆弱な椎弓のあたりで起こる疲労骨折と考えられています。
成長段階にある青少年が激しいスポーツなどを繰り返す事が原因と云われています。

腰椎すべり症は、分離した腰椎骨が癒合しないまま成長して、椎骨の前側部分(椎体)が下位の椎骨に対して主に前方に辷り出す「腰椎分離すべり症」と、分離はないものの、加齢による骨や靭帯、椎間板の変性が原因で椎骨が辷りだす「腰椎変性すべり症」、先天的な形成異常が原因の「先天性腰椎すべり症」があります。

【腰椎分離症の症状】

分離症だけでは自覚症状が出ない場合が多いのですが、長時間同じ姿勢でいる、腰を反らせる横に曲げるなどの動作で腰痛を訴えることがあります。
また、足(下肢)の後ろが突っ張る、激しい運動中に急に腰が抜ける、腰掛ける→立つ→歩くなどの連続した同じ動作を続けるのが辛くなるといった症状もあげられます。

これは分離している部分の骨の痛みで、特に腰からお尻にかけて痛むといわれています。

これらの症状は、突然現れるものではなく、始めは「何かへんだな・・」という違和感から始まり、それが徐々に慢性化していき、痛みへと変わってきます。

高齢者が腰椎分離症やすべり症を起こすと、殆どの人は「歳のせいで痛む」と思い放置してしまう(我慢できる)程度の痛みで激痛はほとんどないといわれています。

【腰椎すべり症の症状】

腰椎すべり症の主な症状は、腰痛と下肢痛です。
すべり出した椎骨が神経を圧迫すると、脊柱管狭窄症としての症状が出てきます。
下肢に痛みやしびれが生じ筋力低下が起こるようになります。

少し歩くと痛みや痺れで歩けなくなるのですが、しゃがんで休んでいると症状が軽快し又歩けるようになるといった間欠跛行が生じてきます。
馬尾神経が障害を受けると症状は重症化することが多くなります。

腰椎の自然なカーブが崩れ、色々な症状を引き起こすようになります。

・腰椎分離すべり症の場合は、腰椎が分離してズレが起こっている場所を基点にして不安定感になり、上体が前にせり出すようになります。

・腰椎変性すべり症の場合は、長時間立つことでの腰痛や臀部痛、下肢に痺れが生じる場合があります。

・先天性腰椎すべり症の場合、お尻が出た姿勢になり、腰痛や下肢痛を生じます。